飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS 気管支の炎症は怖い

<<   作成日時 : 2017/02/24 17:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

咳喘息を 体験して それまで 咳で苦しんだことがなかったので 一番辛いものだと

思っていた。



しかし なかなか 咳き込みが 治せなくて 続いた挙句 おそらく炎症が 気管支にまで

広がったのだろう。いくら 思いっきり 息をしても 呼吸ができないということを体験した。



これはもう 辛いというより 恐怖とか 絶望に近いような 恐ろしさだった。



それまでの 咳き込みや 鼻閉による 呼吸困難より もっと怖い世界があるのだと

知った。いくら 息を吸っても なんだか 入ってこない怖さ。



何だろう。 どうしてだろう と思ったあげく そこまで 悪化したのかと思う。

考えてみれば 顎下腺とか 中耳炎とか 炎症を完全に取れていなかった。



それでも 気管支の炎症は 別格に怖いものがある。ただ ありがたいことにあれって思ってから解消するまでの 日にちがそれほどでもなかった。



ある日を境に 感じなくなった。息がきちんと 入るというか 普通になった。



普通のうちは 当たり前で それが できなくなって 気管が狭くなったという恐ろしい経験は体験したものにしかわからないと思う。



いつから 楽になったのか 考えると やはり スパイスをとってからだと思う。



おそらくは 炎症が 治まったのだろう。





わたしが 使ってたものは 春うこん、 クローブ これは パウダーとホール。そしてクミン

それから シナモン。 時々は ターメリック〔秋うこん〕なのだけれど



いくつかは 立派な漢方薬の 上薬だそうだ。



わからないけど 抗炎症作用がすごかったのだろう。 効いた。



すごいなあと 今更ながら感心する。



呼吸が普通って ものすごくありがたい。



体が普通に使えることは ありがたいことなのだ。炎症は 早く手を打たないと だんだん

広がってゆくけど 呼吸器の炎症は 特にはやく 手を打たないといけない。



誰も 助けてくれない。 自分で自分を助ける世界。でもそこにわたしの本当の自分からの

援助が限りなくある。 見失わないようにする。



3次元で 肉体を大事にせずに 苦しんでいれば 本当のやりたいことに 手が届かなくなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気管支の炎症は怖い 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる