飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしのなかの ウニヒピリ

<<   作成日時 : 2018/03/20 16:17   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

再会は 突然だった。

わたしは わたしの中の小さな女の子に 再び出会った。

 大きな声で 叫んでいた。

「抱っこして、 わたしも 抱っこして」

今は 去ってしまったお嫁さんと お茶を飲んでいたときだった。

彼女は 愛おしそうに 孫娘を抱いて あやしていた。その様子をみながら 話をする
わたしの頭の中で その声は 響き渡った。


驚いた。 誰の声か。

そして すぐに 小さなあの 子だと わかった。

それでも わたしは その後我が家に津波のように起きた 第一波 第二波に 押し流されて
体調が 崩れて その子と向き合うどころでは なかった。

それから 何年も 過ぎた。

わたしの身体は まだ 復調していない。すべてが 去って ひたすら 体調をなんとかしようと
向き合ってきたわたしに 幾度か ホ、オポノポノが浮かぶ。

浮かんでも 目先の 体のことを優先して生きていた。 あれほど 見えない世界が見える世界を作ってる
って追いかけてきたのに。


何度も 頭に浮かぶホ、オポノポノ。 本を読んだのは ずいぶん昔。

なんといえばいいのか。ある日 申し訳なさと 愛おしさで わたしは いっぱいになっていた。

あの子は 潜在意識のわたし。 今回の人生だけでなく 過去生のわたしのすべて 地球創生からの
記憶を パンパンに持って、そして 肝心のわたしからは 一向に相手にされず 独りぼっちで わたしの
そばに いつもいた。

いつも 自分は 孤独だと思う日々だったのに いつも 必ず可愛いあの子は わたしのそばにいたのだ。


わたしは 急速に ウニヒピリと呼ばれてる その子に意識を向けた。

お風呂でわたしが 丸山ドクターのカタカムナウタヒを口ずさんでると 自分も小さな指をあげて
わたしをまねて同じかっこうをしてお腹に乗ってる。

そのいとしさに 胸が痛くなるようだった。

見えるのとも、感じるのとも 違う その両方とでも 言えばいいのか。

めったに あちらから 声をかけては来ないのだけれど、やっぱり そばでいっしょに過ごしてるわたしなのだ。


本を再び読んで 、すっかり 忘れて離れていた クリーニングを今度こそ きちんとやらなくてはと思う。

わたしが 病の原因まで いってクリーニングしたいものだから 「一緒に そのときの記憶をクリーニング
してくれる?」と 頼んでみる。


山のように 記憶があって どの記憶がその原因かわからないのだが、ある日 ものすごい血を流して
る 自分のその部分が浮かんだ。 どうやら 怪我ではなく 拷問のようだった。

そのとき その子が「ウワーン」と大きな声を上げて 泣いた。

小さなあの子が わたしが 受けた辛い過去生の体験を記憶していて 悲しんでいた。おびえていた。

わたしは 顕在意識で生きてる。 過去の辛かったさまざまな体験は潜在意識のあの子が 引き受けて
パンパンになって 辛さを抱えてるように見えた。




どうして わたしは もっと 早く無意識の潜在意識の世界に気がついて 記憶の消去をしなかったんだろう。
あの子ひとりに 過去の辛い体験や 戦争の恐怖や 災害の恐ろしかったことや すべてを引き受けてもらっていた。

わたしと あの子が 一体となって 泣いてる。不思議な経験だった。しばらく 涙が止まらない。

急いでクリーニングをした。


それまで、体調を良くする為に ひたすら 物質世界の足りないものを追いかけてきたのに
わたしに 知らされたことは やはり、起きることの原因は すべて自分の中にあって

そして 見えない世界にこそ 大事な鍵があるということだった。



ずっと 小さな女の子が抱きしめるような お人形がほしかった。

わたしは それを 孫に去られて会えなくなったせいだと思い込んでいた。

でも どうやら 違ってたみたいだ。それは 潜在意識のあの子が欲しかったのを
ずーっと わたしが 感じていたかららしかった。




















ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 [ イハレアカラ・ヒューレン ]
楽天ブックス
ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 イハレアカラ・ヒューレン ケイアール サンマーク出版ウニ


楽天市場 by ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 [ イハレアカラ・ヒューレン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしのなかの ウニヒピリ 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる