放射性物質トリチウム水蒸気雲で太陽が出なくなり、核の冬になる。

時々読ませていただいてる方のブログから
転載させていただきます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
世にも美しいガンの治し方から

核の冬
https://ameblo.jp/ganwajitakudenaosu/entry-12494843517.html


フクシマのことを記事にすると、、、
翌朝、
記事が削除されてるんですよね〜
この記事も、きっと、また、削除かなぁ〜
日本って、そういう国なんです。




東日本大震災後、
フクシマ原発事故経過を見て、
水素研究所、物理学博士が、



「5年もしたら、
フクシマ一円は、
太陽が出なくなり、
核の冬になる」



と、予言されてました。
放射性物質トリチウム水蒸気雲で。



ここのところの、
東京、熱海の、
雨続きに、曇天続きは、
フクシマ、、、関係ないかしら?



未曾有、
とか、
人類史上初、
と、表現される事態です。
危うきからは離れるのが、
ベターチョイスでは?



引っ越しを、2年半で、
8回繰り返した私にとって、
1回ぐらい、どうってことない。



京都、住みやすいです。
イケズは、洛中だけなので、
洛外を選べば、快適に暮らせます。



京都市の人口の、
9倍の観光客が訪れる街です。
お仕事も、たくさんあります。



祇園祭り宵山の今夜、
25万人が、
夜店に押し寄せてます。



もちろん、京都じゃなく、
中国、四国、九州、沖縄、、、海外でも。



そう簡単に言うな、と、
叱られそうですが、
簡単ではないこと、
承知で、
あえて、
日本政府に代わって。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この夏、太陽が出ない夏。

まさか こんな可能性が あったなんて 愕然としました。

選挙 なんとしても 原発即時停止の党に入れないと。

原発問題。命の危険。 なんにも解決していない。

関東に 大事な家族が住んでます。

ハートに思う。

心臓は

よくみると

赤い 

ハートのようだった


心臓を元気にするには

愛のエネルギーで 満たす必要があった。

頭で思考してるばかりだと

ハートに エネルギーが 回らない


心臓が 弱れば 体は 衰弱する


ハートを

愛で満たすのが 一番の癒しかな



0

並木良和さん 京都講演会 書き起こし⑩〜ドラマは眠り・迷いはカルマを生む


並木良和さん 京都講演会 書き起こし⑩〜ドラマは眠り・迷いはカルマを生む

https://ameblo.jp/umeka22/entry-12449478523.html





読めるようにしてくださって感謝です。

大事な情報が 満載ですね。こういう情報に触れることも無く過ぎてゆく 人もいるなかで 読むことが できるのは しあわせです。

夕べも 痰で眠れず、うつ伏せで寝れば、目が圧迫されて 痛くて 視力が落ちてゆくようで不安。

どうして これほど 原因を追いかけてるのに 
完全に良くならないか。 粘膜の炎症 過剰な
代謝 は どう止めたらいいんだ。とか頭の中はぐるぐる。


蓮根パウダーで かなり 粘膜の状態は改善されたし、肉も減らしたし。

未来には 動物性蛋白質体が受け付けなくなってゆく感じがしてる。蛋白質が大事でそれなしには肉体が作られないという 信念も手放す必要が出てる。

でも ビタミンAは ベーターカロチンから 変換されてないかんじが あるので A不足が
粘膜に影響が濃いかも、、、、とか 思考が回ってるわたし。

ここで 気がつく。スクリーンに映した自分の現実を変えるためにがんばってる。

症状に事細かにアクセスしても、いっそう現実が濃くなるだけで、、、、、思考で強化してる。


元の 自分の映像を映してるフィルム 周波数
を変えないことには この体験が続く。


そうだ、 こっちだった。

春分の日3月21日に向けて 覚醒に向かうエネルギー

CWJ 並木良和・森田真文コラボWS①エーテルクリスタルフェニックスの設定

https://www.youtube.com/watch?v=-3iEppnwRUM&list=PLAZQd0NktNpAjL32kxJy8apGl89z4E-Zf




CWJ 並木良和・森田真文コラボWS②女神ソフィアのマゼンタの炎

https://www.youtube.com/watch?v=Aqda7l1XNRU




CWJ 並木良和・森田真文コラボWS③極性、陰陽の統合 黒龍と白龍とのワーク
https://www.youtube.com/watch?v=euMfhjmMNgk




CWJ 並木良和・森田真文コラボWS④春分というターニングポイントを目醒めへと一致して抜けていく事を調整する

https://www.youtube.com/watch?v=8nJ4lxWGg9o

並木良和さん 目醒めて生きるための意識統合ワーク 2019年3月2日 

並木良和さん 目醒めて生きるための意識統合ワーク 2019年3月2日 午前の部前半

https://www.youtube.com/watch?v=CnTs2LjMGP8


並木良和さん 目醒めて生きるための意識統合ワーク 2019年3月2日 午前の部後半

https://www.youtube.com/watch?v=oQZU0dFR4s4


20190302 並木良和さん 目醒めて生きるための意識統合ワーク 午後前半

https://www.youtube.com/watch?v=2CkG6K7Ftew


20190302 並木良和さん 目醒めて生きるための意識統合ワーク 午後後半

https://www.youtube.com/watch?v=B6u14nnySUM

ミネラル勉強中

鉱物ミネラル

脅威の水シーマロックス
https://tanabeshoko.com/themarox.html


超ミネラル水
https://t-h-t.jp/user_data/superwater.php

ミネラル365

https://seeds123.thebase.in/items/146153

http://howto.grnba.asia/?eid=681


植物ミネラル ヒューミックシェール

マイクロミンズプラス
http://www.kenkoukeepers.com/LPI_PROD/micro.html

ジョナサン・ライト博士スピーチ全文/マイクロミンズプラス

https://e-supplementshop.com/lp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E5%85%A8%E6%96%87%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9F/

https://www.yumekanau.jp/microminsplus/

70種類以上の「デュイヴィヴァンマルチミネラル

https://www.kenkousupport.com/category/52.html


海洋ミネラル

http://www.kaiyokagaku.com/flow/index.shtml







栄養学的アプローチ


http://www.jcam-net.jp/data/pdf/10013.pdf


永田 良隆先生


栄養学的アプローチ
-脂質・タンパク質の過剰摂取を防ぎ、適正な食事バランスへ-



永田 良隆
下関市立中央病院小児科



キーワード:①主因は高タンパク食・高脂肪食の過剰摂取、②病態は未処理の余分な中間代謝産物が皮膚
へ排泄される現象、③治療は伝統的和食の推奨、患者側で自己管理可能


現代医学では、アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患に属している。しかしながら、諸種のアレルギー
検査でも原因究明できないために、満足できる解決策は未だに確立されていない。そこで東洋医学理
論と栄養学的アプローチを応用して、患者側で納得できる治療法を工夫した。乳児期から成人期に至
る1 万例を超す経験からの解決法を紹介したい。



〔病態〕東洋医学の格言『脾(消化器)は生痰の源、肺(呼吸器)は貯痰の器』はよく知られている。

つまり、食べ過ぎると余分なものが“痰”となって皮膚や気道へ排泄される現象は、十分に理解され
ている。東洋医学でいう“痰”とは、体内で産生された余分で病的な産物を意味しており全身に運搬
されて至る所で障害を引き起こす。

西洋医学でいう気道から分泌される痰もその一部である。また、
食べ過ぎ現象は栄養学的アプローチにより、患者家族も十分に理解でき、応用できるので自己解決へ
導くことが容易となる。


食べ過ぎとは、個人の年齢・体力・運動量に応じた適正な栄養量を超えて摂取していることで、体
内に残存する余分な中間代謝産物が“痰”となって皮膚系に排泄されると、脂漏性湿疹、アトピー性
皮膚炎、慢性蕁麻疹および慢性湿疹などが発症する。また、気道系に排泄されると、慢性気管支炎、
気管支喘息、アレルギー性鼻炎および副鼻腔炎などが発症する。


それ故に、これらの疾患は薬物療法
ではなかなか解決できないであろう。
消化管から吸収された“痰”が血行性に運ばれて皮膚へ排泄される現象は、臨床レベルで十分に観
察される。即ち、「皮疹は血液循環の良い部位(頭部・顔・上半身)から出現し次第に下半身へ拡大して
いく。食事療法により皮疹が消失する場合も同様である。」


〔痰の主因〕「皮膚炎は毎日持続しているので、毎日食べ続けている食物と関係が深い」と単純に想
定できる。現代の食生活において高タンパク質・高脂質な食品の中から探すと、①鶏卵、②牛乳、③
植物油が三大食品となる。“痰”の一つ目は、栄養価が高いとの理由で個人の処理能力を考慮せずに
毎日摂取している鶏卵と牛乳などのタンパク質である。因みに、両食品のタンパクの大きさは分子量
で20kDa~50kDa であり、これを100Da のアミノ酸まで分解するには、実に200 分の1以下に処理す



る必要がある。


栄養学的には、両食品をアミノ酸まで分解して初めてタンパク源として再利用できる
わけである。処理できなかった1,000~5000Da 大の中間産物が“痰”となって毎日皮膚へ排泄される
ことになる。


“痰”の2 つ目は、植物油と動物性脂肪である。脂質はカロリーが高いために、かなりの体力と運
動量がないと完全に燃焼できない。厳密に言うと、乳幼児期や高齢者では揚げ物やマーガリン、スナッ
ク菓子などはほとんど余る。


一般にも、植物油も毎日大量に摂取しているので余分なものが“痰”と
なって皮膚へ排泄されて、前述した解決されない多くの皮膚病や呼吸器疾患をを惹起してくる。
不適切な食生活が長く続くと、コメ、コムギの穀類に含まれる7~10%のタンパク質すら処理でき
なくなって、ついにコメやコムギによる皮膚炎が惹起される。


合せて、五大食品と呼ぶ。一旦、コメ
による皮膚炎が発生すると、痒みが激烈で不眠を伴い「気が狂いそう」、「掻破行為が延々と続く」、「ふ
きげんに叫び育児困難に陥る」など日常生活まで支障をきたすに至る。現代のアトピー性皮膚炎の大
部分は、植物油とコメの影響を受けているため、アレルギー学的アプローチでは解決されないのが実
状である。



当科では、①食事調査、②コメおよび植物油による皮疹の特徴像を分析して診断に用いている。本
法は、患者本人や保護者にも伝達できるので、当事者間では十分活用できる。


〔当科外来患者 494 例 (平成12 年~16 年)の治療効果〕
① 年齢構成:1 歳未満の乳児39%、1 歳~6 歳の幼児31%、成人例19%。
② 症度別:軽症30%、中等症39%、重症26%、最重症6%。
③ 治療効果:消失28%、ほぼ消失28%、軽快中24%、不変6%、不明・脱落15%。
④ 解決までの期間:6 月内38%、1 年内28%、2 年内20%、脱落15%



〔治療〕1.食事療法:昭和 30 年代の伝統的和食を中心にして、主食・主菜・副菜の3 群を毎食そ
ろえる。タンパク源は、主に消化しやすい魚介類・大豆類とする。

植物油は炒める程度。野菜類をたっ
ぷり摂る、

現代食で極めて不足して悪化要因となっている。
次に脂質栄養学的に、n-6 系/n-3 系脂肪酸の比率を3 以下に保ち、アレルギー反応を抑制するこ
とが重要である。

つまり、n-3 系を代表するEPA,DHA(青身魚に多く含まれる)を増やし、n
-6 系を代表するリノール酸(植物油・マーガリン)を控えることがポイントとなる。現代の食生活で
は、n-6 系/n-3 系比は5~8 レベルであり、明らかに日々の食事によりアレルギー反応を促進して
いることになる(昭和30 年代は3)。


基本的には、この食事により健康を回復するので、以前の不健康な悩み・症状・食べ過ぎ現象が改
善して、かつてないほどの体調の良さが実感できる。そこで初めて、皮膚炎の回復力が出現する。こ
れが本来の姿ではなかろうか。併せて、家族そろってこの食事を実践して貰い、家族全員の健康に寄
与することが最終目標でもある。

2.薬物療法:①ステロイド外用薬は、痒みが強くて不眠を訴える時期には、炎症・痒みを抑えるク
ラスを選択して痒いときに適切に使うことを原則とする。“ステップダウン”方式が望ましい。週或
いは月単位でクラスは下がり、塗る面積と回数も著減するので不安なく使用できる。むしろ、感謝し
ながら使って貰える。
②内服薬の止痒剤、抗アレルギー剤は、急性期および痒みの強い時期に適宜併用する。
3.健康管理:規則正しい生活と適切な運動も効果を促進する。


飛んで

わたしは 今、「アナスタシア」と「君が代」と
「王の帰還」を 同時に読むはめに なっている。

アナスタシアシリーズは 購入してないけれど
読むようにと 友人が持ってくる。今本当は何が起きてるのか、、、 神って 何か誰も書けない内容だと思う。

君が代は 読んでも 内容が深すぎて把握できず
大きな宿題が出た気分で わからないなりに読んでいる。

そして 「王の帰還」ユーチューブで 鼻のかみ方を話してる人は誰と思い この本を購入した。

流れが速くて 急流のようになってきてる。

そこらじゅうに 遍満して 満ちてる 神に
神の中で暮らしてることに。

あなたが 神だってことに。

神の息吹がのらないものには 命が宿らないことに。

鉱物にも 魂があることを どれくらい実感できるだろう。

宇宙は愛で できてることが。
  人はみんな
ものすごく 大切に愛されてることが 。

愛こそが一番強いあなたの 守護するものだってわかるだろうか。

他の存在が 自分を犠牲にしても 命を与えてくれようとすることが どのくらい理解できるだろうか。

心を守るために 、体が病を選択することが
わかるだろうか。

意識こそ、人間の意識こそが 最大の宝で武器で、無意識に使ってはいけないことが どのくらいわかるだろうか。

魂が 急にバイブレーションをあげて 目覚めを。促してる。

わたしの中の大きな、恐れと怒りが 解凍できるだろうか。


宇宙から 変容のための大きなエネルギーが送られている。

わたしたちは 芋虫だった。 自分のことだけ考えて、自分の不幸だけに 焦点を合わせて地面を這うようにして生きてきた。けれど 

変容のエネルギーが わたしたちを溶かしてゆく。

今は さなぎになれる。 さなぎの中で 一回何もかも手放せる。

溶けて変容して 羽をもって 飛ぶ存在になれる。

飛べるだろうか。

わたしたちは、種。種の中には その 設計図がきちんと 入ってる。

桜は 桜に。ひまわりはひまわりに なる。

飛べるかな。

参考になる情報満載

藤川先生のブログです。

ものすごく 参考になるので 体調不良のある方は 一度のぞいてみてください。

高蛋白食の軌跡

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12271844624.html?frm=theme

他の記事も非常に参考になります。






うつ消しごはん タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる! [ 藤川徳美 ]
楽天ブックス
タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる! 藤川徳美 方丈社ウツケシゴハン フジカワト


楽天市場



胃酸について

臨床栄養士のひとりごと。。。。さんのホームページの情報です。


第845回 胃酸と吸収 甘草(リコリス) その2

https://nutmed.exblog.jp/11802191/

世界中で使われているアスピリンという有名な鎮痛剤がありますが、アスピリンを服用した人の半分以上に起こる、胃の粘膜の損傷があるために、ドクターだけでなく患者の中にもその副作用がイヤで処方を避けることが少なくありません。アスピリンの胃の粘膜への影響を押さえるために、アスピリンを飲む前にDGLを事前に飲むことによって、胃の粘膜が保護されることは、動物実験でも人の臨床試験でも報告されています。DGLによって胃の粘膜が保護されるということは、食物を消化分解するための強力な胃酸から粘膜を保護してくれるということにもなり、ピロリ菌の影響の予防にも繋がると考えます。
このほか、DGLには逆流性食道炎(GERD)の症状の緩和にも有効であることが1980年のアメリカの研究チームによって報告されていることと、慢性的な副腎疲労(以前のブログ参照)の際の副腎の働きを改善する作用が報告されています


第847回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その1

https://nutmed.exblog.jp/11814550/

さて、今日から胃酸と吸収のテーマの最後を飾る、胃腸の働きにかかわる症状の緩和改善に有効なハーブ、ビタミンミネラルのテーマになります。

1、亜鉛・ビタミン・L-グルタミン
私の師匠でもあるアメリカのタホマクリニックのDr.ライトは、十数年前から胃腸の働き、特に粘膜の働きを改善する栄養療法メニューの中に、亜鉛、ビタミンA、LグルタミンとDGLを積極的に取り入れ、多くの患者の症状緩和改善に実績を見せています。今では、彼の方法はアメリカの栄養療法医師だけでなく、欧州、オーストラリアで栄養療法に従事する医師や臨床栄養士の多くが採用し実績をあげています。アミノ酸は食道から腸に至る消化器系臓器の粘膜を作る素材として重要な役割がありますが、特にグルタミンにはこれらの粘膜の新陳代謝には不可欠なアミノ酸でもあり、粘膜の再生や働きの低下の原因の1つでもあります。亜鉛には損傷した粘膜の再生を促進する働き、ビタミンAには粘膜の成長を促進する働きがあり、グルタミンとともに、健全な粘膜の形成と保護をサポートする大切な栄養素です。

2、クルクミン(Curcumin)
クルクミンは、ご存じウコンに含まれるフラボノイド成分です。相変わらず日本ではウコンは「お酒を飲む前に・・」で、肝機能の改善保護が定着しているようですが、ウコンの主要成分でもあるクルクミンには、強力な抗炎症作用、鎮痛作用があるほか、唾液、粘膜を保護する粘液の分泌を促進する作用があります。食道や胃腸の粘膜の損傷を治したり、強力な酸から胃粘膜を保護するための粘液の分泌を促進するために、クルクミンは有効な素材と言えます。

第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2

https://nutmed.exblog.jp/11830380/


1、ショウガ(Ginger)
今までもショウガの効用については幾度も紹介してきましたし、日本人の食生活の中に日常的に使われる食材の1つでもあります。ショウガに含まれるフラボノイドのギンゲロール(Gingerol)には、血流量の増加、生理痛緩和、鎮痛作用のほか、カプサイシンと似た作用によって、食道、胃腸の粘膜を保護する粘液の分泌を促進する作用があります

2、必須脂肪酸
オメガ-3、オメガ-6に代表される必須脂肪酸(EFA)には、強力な抗酸化作用があり、損傷を受けた胃腸の粘膜の回復には有効な素材です。しかし、オメガ-3(抗炎症作用を持つ)とオメガ-6(炎症を誘発する作用も持つ)のバランスは重要で、過剰にオメガ-6を摂取することは、かえって損傷部位の炎症を憎悪させてしまう可能性があるので注意が必要です。私が勧める最適なオメガ-3とオメガ-6のバランス素材は、フラックスオイルです。


日本でもハーブティの素材として人気の高いカモミールには、抗炎症作用があります。カモミールはヨーロッパでは昔から胃腸の粘膜保護ハーブとして使われてきた歴史があります。特に、逆流性食道炎(GERD)の傾向がある人は、食後のカモミールティ(あまり熱くない)は、GERDによって引き起こされる食道下部粘膜の損傷緩和には有効なハーブです

胃酸情報

第815回 胃酸と吸収 葉酸 その1

https://nutmed.exblog.jp/11433352/

ビタミンミネラルB12、葉酸を含むビタミンが、胃酸分泌の不足またはpHが十分に酸性にならない被験者、特に高齢者では吸収率が著しく低下することを報告しています。研究チームは胃酸分泌量の少ない被験者に、塩酸ベタインを飲ませたところ、ビタミンB12と葉酸を含む多くのビタミンの吸収が平均で54%向上したことも報告しています。

第810回 胃酸と吸収 その1 鉄

慢性的な貧血で、鉄の吸収が不良なクライアントの胃酸の分泌能力と、pHを調べてみると、60%くらいの人に胃酸分泌の低下またはpHが十分に酸性にならない人がいるため、栄養療法ではこのような人に、胃酸を補うための塩酸(塩酸ベタイン+ペプシン)のサプリメントを使ってもらうことが少なくありません。その効果は高く、このような背景で慢性貧血の人の80%は貧血症状が大幅に改善します。

第812回 胃酸と吸収 その3 鉄の吸収

準 備
1、大さじに1杯のレモン果汁100%液をコップに入れ、水で3倍に薄める
2、夕食時に食事を食べながらレモン水を飲む。一口食べたら一口レモン水を飲む要領で。
判 定
*食後2-3時間後に胃が重く、不快感を覚えた方
・・・・・胃酸の分泌はある程度十分と考えられます
 
*食後2-3時間後、いつもよりスッキリした感じを覚えたり、空腹感を感じた方


・・・・・胃酸の分泌が足りないと思われます。

第818回 胃酸と吸収 ビタミンB12の吸収について その2

https://nutmed.exblog.jp/11470288/

血のなかでも重い症状のある悪性貧血は、ビタミンB12の不足が大きな原因となることが多い貧血ですが、胃酸とペプシン、前回紹介した内因子の過少が背景にある委縮性胃炎を抱えている人の多くが直面する可能性の高い貧血でもあります。委縮性胃炎の人に悪性貧血が併発する背景にには、胃炎によって内因子と胃酸を分泌する胃の壁が損傷を受け、十分にビタミンB12が吸収できる状態にならないことがあります。
悪性貧血、委縮性胃炎が疑われる検査結果がでた人に対しては、ビタミンB12の経口投与ではなく、筋肉注射や点滴での直接的な投与を行います。その理由は前回のブログを見てもらえば理解できると思います。
栄養療法でもビタミンB12の筋肉注射は頻繁に行いますが、初期の委縮性胃炎や、胃酸の分泌過少が疑われるようなクライアントに対しては、ビタミンB12だけでなく、ミネラルの吸収を促進させ、悪性貧血に至らないようにするために、最初の段階では、胃酸とペプシンを補い、重篤なビタミンB12の不足とミネラル不足(特に鉄)を来たさないようにします

第820回 胃酸と吸収 亜鉛の吸収について 

https://nutmed.exblog.jp/11484907/

亜鉛の吸収については非常に興味深い研究報告があります。2000年にアメリカの眼科専門誌で発表されたものです。加齢とともに増える目の症状の1つに黄班変性(MD)というものがあります。このMDの発症と亜鉛の関係については、過去にいくつかの研究報告があり、亜鉛不足がMDを引き起こすリスクが高くなることが報告されています。この報告書では、胃酸の分泌は加齢とともに少なくなるのは自然の摂理だが、胃酸の分泌を止めてしまったり、胃酸を中和してりまうような胃薬を常用することによって、亜鉛の吸収は著しく低下し、胃酸の分泌が低下してくる中高齢者では、さらに深刻な亜鉛不足を起こしやすくなり、結果としてMDを発症させたり、症状を悪化させる可能性があるかもしれないとしています

第824回 胃酸と吸収 胃酸と繊維質
https://nutmed.exblog.jp/11538329/
十分な胃酸の分泌と最適なpH、それにペプシンの分泌は、「たんぱく質―フィチン酸―ミネラル」のコンプレックス食材を十分に分解し、吸収するためには不可欠な条件であることを強調していますが、特に、40歳後半からの中高年齢以降の男女では、胃酸とペプシンの分泌を十分に意識した食生活をするべきであることを強調しています。
ちなみに、50歳を過ぎて久しい私ごとですが、この3カ月ほどまえから胃酸の分泌量も減り、pHも少し高くなってきたことを食事で実感して以降、胃酸とペプシンをサプリメントで食事中に補うことで、かなり胃腸の状態が戻り、食欲だけでなく、血液中のミネラル量も明らかに増えてきましたね・・

第826回 胃酸と吸収 食事指導の経過について
https://nutmed.exblog.jp/11554759/

大豆のお話

フレンズ歯科クリニックさんのブログ

http://ameblo.jp/friends-dc/entry-11339390865.html



転載の 転載です。




ブログ人様のブログより

http://itiguuoterasu.blogzine.jp/blog/2010/07/post_2aa6.html

どうやら 記事はもう読めなくなって削除されたもようです。 2015年11月の記事でした。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

大豆は食べてはいけない!?その1
―転載開始ー

エーッて、初めて聞くビックリする話しなので、驚く人が多いと思いますが、私は最近、親しい人達に大豆を食べないように勧めています。

但し、正確に言うと、発酵した大豆(味噌・醤油・テンペなど)以外は食べてはいけないという意味で、生や未発酵の大豆食品は食べてはいけません。

その理由を、私の愛読メルマガの一つ、為清勝彦さんのメルマガ(2010.6.18)を参考に、海外からの情報を元にお話しします。

今からおよそ5,000年前の古代の中国では、時の皇帝が土壌を蘇生させて、収穫量を改善する方法として、大豆を植える効果が文献に記されています。但し、皇帝は豆ではなく、根の効果を称賛したのです。つまり土壌改良剤として農業に利用されていたのです。この古典から、古代中国では人間が自然のままの大豆を食べることが、適切ではないことを知っていたことが窺(うかが)えます。

又、明の時代から、大豆が何千年も食べられて来たという史実も、それは発酵した大豆だけの事であって、生や未発酵の大豆食品を食べるようになったのは、まだほんの200~300年の歴史しかないのです。

大豆は原産地の中国から日本に伝来して来ましたが、日本において独特の進化向上がなされて、今では世界で一番大豆文化が花開いている国として、様々な大豆食品が氾濫しています。

では現在、私達が食べている未発酵の大豆食品にはどんなものがあるのか見てみましょう。豆腐(焼き豆腐・凍み豆腐)、油揚げ、厚揚げ、枝豆、豆乳、おから、湯葉、きなこ、大豆ヨーグルト、大豆油、大豆粉、大豆フォーミュラ(調合ミルク)、大豆プロティン、、大豆パン、大豆デザート等など。この他にも、化粧品や医薬品、香料などにも使用され、表示がされていないのも沢山有るようです。

何故、発酵していない大豆が危険で、食べてはいけないのか

その理由は、自然の大豆には人体に有害な作用を持つ、強力な反栄養素が有るからです。それは、1.フィチン酸 2.酵素阻害物質 3.ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つです。

人体に有害な反栄養素とは、私流にいうと“アク”のことです。生きとし生けるものは全てアクを持っていますが、このアクとはワラビやゼンマイなどの山菜に代表される、あのアクのことです。普段調理をする時に行うアク抜きのアクのことです。植物は絶滅を避けて生き残り、繁殖が出来るようにする為に、皆アクを持っています。アクは自衛手段や免疫システムであり、バクテリア・ウィルス・細菌の侵入から身を守り、植物を食べようとする動物達の食欲を削いで防御するのです。こうして自然界では、生命の絶妙なバランスと調和が保たれているのですね。

古来より伝わる自然療法や伝承療法などで、薬用植物を使用して病気を治したりするのは、このアクの力を使う方法でもあります。つまりアクは、毒にもなり薬にもなるという諸刃の剣なのです。そして勿論、アクは魚介類や動物、人間にもあります。フグの肝の毒に象徴されるフグ中毒などでお解かり頂けると思います。

さてそれでは、有害な大豆の反栄要素の三つについて説明します。

1.大豆にはフィチン酸塩が高水準に含まれる

全ての豆類には、フィチン酸塩がある程度存在するが、大豆には特に大量に有ります。フィチン酸塩は消化管の中で、ミネラル(例えば亜鉛、銅、鉄、マグネシウム、カルシウム)ときつく結び付いて、拘束する働きがあります。特に亜鉛との親和性が強い。亜鉛は傷の治癒、タンパク質合成、生殖面の健康、神経機能、脳の発達などを支えるミネラルです。発展途上国に住んでいる人々が、先進国よりも身長が低いのは、豆類を多く食べる事に起因する亜鉛不足が原因と考えられています。又、亜鉛は抗酸化酵素を始め、約250種類の酵素を活性化するので、とても重要なミネラルです。又、フィチン酸塩の多い食事は、知的発達にマイナスの影響が有るという証拠もあります。

ほとんどの豆類は、水に浸してアク抜きするだけで、大半のフィチン酸塩を破壊出来ます。しかし大豆の場合は、水に浸漬しただけでは破壊出来ないので、発酵させて酵素の働きにより、フィチン酸塩を減少させて、食べるのに適したレベルにまで下げる必要が有ります。つまりフィチン酸塩のレベルが最も低くて安全なのは、味噌やテンペなどの大豆発酵食品であり、大豆を食べたいという人には最適です。尚、どうしても豆腐を食べたいという人には、豆腐を食べることによって失われる栄養素(上述のミネラル類など)を、補充しながら注意して食べるよう、お勧めします。

未発酵大豆や、巷に溢れ返っている大豆商品群、そして大豆健康食品などは、全て高いレベルのフィチン酸塩が含まれているので、全く食べる価値が有りません。くれぐれも注意しましょう。

2.未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量に有る

食べ物を食べると、アミラーゼやリパーゼ、プロテアーゼなどの消化酵素が消化管に分泌されて、食べ物を分解し、身体に同化・吸収出来るように栄養素をつくります。ところが未発酵大豆に多く含まれる酵素阻害物質は、この消化作用を妨害し、大豆の炭水化物とタンパク質が完全に消化出来ないようにします。この酵素阻害物質の為に食べ物が完全に消化されないと、代わりに腸内のバクテリアが仕事をすることになり、不快感、鼓張、機能障害を起こすことがあります。元々、消化酵素が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむ可能性が高くなります。

3.大豆は甲状腺ホルモンの生成を妨害する

大豆にはゴイトロゲンが豊富です。ゴイトロゲンは甲状腺腫を形成するだけではなく、甲状腺ホルモンの生成を妨害することも有り得ます。甲状腺機能の低下が、特にアメリカの中年女性を悩ませています。甲状腺ホルモンは、細胞の中のミトコンドリアの燃焼炉に火を付ける働きがありますが、この甲状腺ホルモンの生成が少ないと、体温とエネルギー・レベルが低くなります。従ってこの甲状腺機能の低下こそが、お年寄りの一つひとつの動作が大仕事のようにゆっくりしている理由なのです。又、甲状腺機能の低下は、心臓の活動が減退していることを意味し、全身の細胞への酸素の供給不足をもたらし、ガンの主因となります。

又、大豆にあるイソフラボン(ゲニステイン)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することも出来ます。それに更にフィチン酸塩が、亜鉛と銅と結び付いて拘束し、加勢する為、甲状腺ホルモンを作る為に必要なミネラルがほとんど残りません。又、輸送タンパク質の一つであるGLUT1が、大豆イソフラボン(ゲニステイン)によって遮断されるので、このタンパク質は細胞にエネルギーを生成するブドウ糖を送り込んでいるので、このブドウ糖の輸送が減速すると、甲状腺ホルモンだけではなく、身体のあらゆる活動に必要なエネルギーの生成が減少します。

もう一つ、大豆イソフラボンが身体のエネルギーを減退させる理由は、チロシン・キナーゼ(分子から分子へのエネルギー輸送に関する酵素)を妨害することです。この酵素は、細胞分裂、記憶の固定、組織修復、血管の維持・再生を司っているのです。








大豆は食べてはいけない!?その2


大豆イソフラボンの効果は高い代償を伴う

抗ガン物質として大豆イソフラボン(ゲニステイン)に人気があるのは、細胞分裂を制御する働きが有るからです。ゲニステインの抗ガン性が注目されるようになると、大豆業界はゲニステインを欲しがる西洋の女性に受ける製品を熱心に開発しました。この熱狂の最中、ゲニステインが正常な細胞のエネルギーを低下させて、エネルギーの減退が生じることについては、ほとんど警戒されませんでした。

女性には更年期障害の軽減、或いは骨損失と乳ガンに備える為に、ゲニステインを多く含む大豆製品を食べることが推奨されてきました。しかし、ゲニステインが身体全体に及ぼす影響を考えると、高レベルの摂取は加齢に伴う記憶喪失につながる可能性があります。市販の大豆製品には、1食につき20~60mgものゲニステインが含まれています。しかし、伝統的なアジアの食習慣である味噌やテンペなどの大豆発酵食品には、1日につき、およそ5mgのゲニステインを含んでいるだけです。

ゲニステインは、血管を腫瘍へと成長させるスピードを遅らせる為、抗ガン効果があると人気ですが、でも正常な細胞の為に働いている血管に対しても、同じ作用をします。なのでゲニステインの多い食事を日常的に摂ると、健康な血管が飢餓状態になり、細胞に送られる酸素が減って、ガンを促進する状態になります。

ゲニステインが、細胞エネルギーを減退させることが良く解る事例としては、抗レベルのゲニステインを摂取することで、発毛が60~80%減退することが明らかになっています。

10年前に、8,000人のアジア人男性を対象とした調査により、豆腐を最も多く食べるグループは、最も少量を食べるグループと比較して、脳が小さく、老人性痴呆症の発生率がはぼ3倍でした。このような結果から、大豆タンパク質アイソレートのようなイソフラボンの多い食品を食べると、脳の老化が進行することが考えられます。

“発酵”は栄養分を発散させ、大豆を栄養価の高い食物に変身させる

およそ3,000年前の中国で、ある賢人がある菌を大豆で繁殖させると、大豆に存在する毒素が破壊されて、大豆の中の栄養分が身体に摂取可能な状態になることを発見した。この加工が“発酵”として知られるようになり、今でも人気のある食品、テンペ、味噌、納豆の発明をもたらしました。

生または加熱された大豆、豆乳、その他の未発酵の大豆製品を買い物カゴに詰め込んでいる人は、その食品中のイソフラボンを身体が利用出来ないことを、理解していません。大豆製品中のイソフラボンの大半は、グルコシドという炭水化物分子に束縛されていて、この形態ではゲニステインは、実はゲニスチンと呼ばれており、このゲニスチンをゲニステインに変えるのが、発酵に他なりません。米国の大半の大豆製品の食品表示では、ゲニスチンとゲニステインを全く区別していません。

又、発酵した大豆食品であっても、少量で大きな作用があるので、味噌や納豆、テンペなどの発酵食品は、適度の摂取量ならば有益ですが、度が過ぎると、今度は有害になりえるので何事もほどほどに。日本と中国では、およそ30gの発酵大豆を毎日食べています。

発酵大豆を少量摂取すれば、体内の微生物バランスを整えるのに大いに役立ち、消化管に友好的で豊かな微生物相を供し、ひいては消化・吸収、及び免疫力の強化に役立ちます。

女性の健康に関して何冊かの著作があるジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は、味噌・納豆、テンペだけに限定するよう勧めています。豆腐は、魚などのタンパク源、及び海藻類を一緒に食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うならば、たまに食べても大丈夫です。

大豆発酵食品は、少量を食べることで、ゲニステインの悪影響を回避しつつ、ガン予防効果を引き出すことが出来ます。又、リー博士は、ゲニステインとイソフラボンのサプリメント、大豆タンパク質アイソレートは食べないように勧告しています。

未発酵の大豆が惹き起こす病気や症状

未発酵大豆の摂食は、消化機能の衰弱、免疫システムの故障、PMS(多発性筋炎)、子宮内膜症、男女双方の生殖障害、アレルギー、注意欠陥・多動症、心臓病、ガン、栄養失調、性欲減退などの原因となります。

大豆の反栄養素の悪影響を最も受けやすい人々は、大豆フォーミュラ(調合ミルク)を摂取する乳幼児、大豆を沢山食べる菜食主義者、更年期障害の軽減の為に沢山食べる中年女性、大豆ダイエットをしている若い女性などです。


さらにもう一つ、スイスからの情報を付記します。↓

『フィグ・ヤーパン通信』 第40号(2009.10.1発行)より抜粋

(ビリーとプターの二人の会話より) ※ビリーはスイスの精神科学者

ビリー:大豆製品は食品産業が言っているように、本当に健康に良いのか?

プター:問題は量である。摂り過ぎれば健康に良くない。基本的に大豆はタンパク質を豊富に含       んでいる植物で、イソフラボンもフェイトエストロゲンの形で大量に含まれている。しかし、タンパク質やイソ   フラボンだけでなく、それ以外の大豆の成分もけっして無害という訳ではない。特にイソフラボンは長期間に渡って多量に摂取すると、ホルモン代謝に非常に大きな影響を与える。それ以外の全ての大豆成分も無害ではないので、十分に注意を払うか、或いは全く食品として使用すべきではない。

とりわけ子供用の栄養は、いかなる大豆製品も含んではならない。何故なら、イソフラボンについて言えば、特に乳児、幼児、青少年は、大豆製品によって健康が損なわれ、健康以外の点でも重度の障害を来たすからだ。どんな年齢の子供も、イソフラボンを体重1キロ当たり4分の1ミリグラム(0,25mg)摂るだけで、修復不可能な重度の健康障害を惹き起こす。それも意識活動、脳、知能、思考界と感情界、心、肉体、挙動などに関してである。

妊婦が大豆製品を摂取すると、胎児の肉体、四肢、神経、脳及び筋肉に重度の修復不可能な障害を来たし、奇形の原因ともなる。乳児や幼児に、1日に体重1キロ当たり4分の1ミリグラムを超えるイソフラボンを絶対に投与すべきではない。

単純で一般に理解しやすい言葉と概念で言えば、あらゆる種類の大豆製品は多量に摂取すると、それに含まれている有毒成分の為に、頑健な大人の健康さえも損なわれ、重度の障害を惹き起こす。それは腫瘍もしくはガンの発生とその促進、更には脳、意識、行動の障害、人格変貌、そして不妊に至ることもある。大豆製品によって、女性と男性に於いて、特に乳ガンが頻繁に惹き起こされ、うつ病やパーキンソン病も発症する。遺伝的素質がある場合は、その傾向が強い。アルツハイマーや痴呆症も、イソフラボンを過度に摂取した結果である。視力、味覚障害、集中力、道徳的平衡感覚、その他様々な重要な生活因子も損なわれる。

ビリー:では、大人が摂取しても良い大豆の適量はどの位か?

プター:適量はイソフラボンの含量による。毒に犯されたくなければ、大人は毎日イソフラボンを体重1キロ当たり2分の1ミリグラム(0,5mg)以上、摂ってはならない。

ビリー:ということは、体重70キロの人間は、イソフラボンを35ミリグラム以上含む量の大豆製品を摂るべきではないということだ。だが、大豆を普通に摂取すれば、アッという間にこの量に達してしまう。

プター:実際その通りだ。普通の大豆飲料2,5デシリットルに、既に約30ミリグラムのイソフラボンが含まれているからだ。

ビリー:大豆から作られた医薬品、もしくはそれらのイソフラボンについてはどうか?

プター:そのような医薬品は、体重に合わせて調整されていないか、過度に長期間に渡って摂取するか、或いは特にイソフラボンに対して敏感な人間の場合は、けっして勧められない。(出典:FIGU特別広報第49号)↑

以上の事から解るように、大豆が身体に良いという大豆信仰や、大豆は大昔から食べてきたので安全などの大豆神話が、ガラガラと音を立てて崩れていきます。それどころか、未発酵大豆製品は健康と美容の為には食べないほうが良いということが解りました。どうしても食べたい人は、防御策は2つ、①.厳しく摂取量を守る。②.更に多種多様なバランスと調和の取れたミネラル類を補うことで身を守りましょう。

私は元々以前から、大豆は常食しない方が良い食品だということは知っていました。私の仕事机の真ん前に張ってある『陰陽・酸アルカリ表』を、毎日のように見ているからです。そこには沢山の食品に混じって、大豆、きな粉、豆腐などが並んで載っていますが、この表では、大豆は陰性でアルカリ性食品になります。陰性・アルカリ食品が身体に及ぼす作用は、一例を挙げると、血は汚さないが薄くなる。自然治癒力や再生力が低くなる。更年期障害、生理不順や痛み、アレルギー、冷え性、スタミナ低下、精神的にアンバランスになるなどが有り、私が今回のブログ、大豆は食べてはいけない!?その1と、その2で伝えた内容と一致しますね。

このように日本の食養生などからの教えと、海外からの信頼がおける情報と照らし合わせて考えると、やはり未発酵大豆は危険で怖い食べ物だという事を確信します。大豆産業や業界の強力な宣伝などに惑わされず、しかも、自然食品店や健康食品店ですら、大豆信仰や大豆神話を信じ切って疑いを持っていませんので、自分達の身は自分達で守るしか有りません。自然菜食主義者や玄米菜食主義者も、大豆食品を頼りにするあまり、ガリガリに痩せて、顔は土気色、髪は白髪だらけで老けて見え、結構短命の人が多いのです。

先日お伝えした女優のグウィネス・パルトローも、マドンナと親しいだけあって、日本のマクロビオテック(玄米菜食)を実践していたそうですが、理想的と言われる日本食を食べていて、何故骨粗しょう症になったのでしょうか?私はやはり、玄米や大豆のフィチン酸などが、体内のミネラルを欠乏させてしまったからなのではないのか?と、推察しています。

乳糖(牛乳)アレルギーの赤ちゃんに、豆乳を飲ませるのは、知らない事とは言え、何と恐ろしいことでしょうか。悲しい事ですが、この世のありとあらゆる事は嘘と欺瞞、策略に満ち溢れています。何が本当で、何が嘘なのか?私に出来る限り、少しづつお伝えしていきます。

ー転載終了ー
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


冷え性、アレルギー 亜鉛が不足。 毎日豆腐食べてました。

考えさせられます。

なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」―

なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」―


http://omoronews.whdnews.com/p/1802/08KA6Xsl1.html


すばらしい情報です。はやく 実用化してほしい。









腕ふり体操2

わたしの腕ふりのリズムは1分50回前後でした。
なので テレビでも見ながら30分もすればかなりできるんだなあと実感。
今日も 腕ふり体操のことネットで読んでいました。
今日も転載させていただきます。

スワイソー健康法から。
http://nagaiosyou.com/suwaiso.html
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
スワイソー健康法
M先生記述
馬王堆遺跡から出土した膨大な書籍の中、医療関係の古文書「達磨易筋経」12巻。 これは古来から非常に有名な
医療文献だったが、散逸し全体としては遺っていなかった。しかし、その全巻が上記遺跡から
発見され、研究されるにつれて、その価値が再認識されている。
中国医学中、最も尊い文化遺産の一つだが、一般の人達が全体を理解するには、難解である。
その中で、この腕振り運動が記載されていたわけだが、簡単な運動なので、簡単な体操として
一般に紹介された。 
この運動は身体を健康にする上で非常に効果のある方法で、最近この鍛錬に参加する人達が
ますます増加している。 沢山の不治の病が治癒し、その効果には、信じがたいものがある。
 腕振りだけなので、コツはなく、だれでも会得しやすく、あらゆる慢性病など、癖にしてしまい
長くやると、ほとんど治る。 人間の自律神経系と深部背筋~殿筋群は密接な関係があるが、
この方法で頸部~深部背筋(棘筋群)を強制的に伸ばし柔らかくする。
しかもコツもいらないくらい簡単なので、だれでも正確にできる。

1。上虚下実を得る
人間の理想的なエネルギー配分は、上半身=3、下半身=7である。  手を挙げるときは3、
下げるときは7。
一般の病気は殆ど身体の筋肉や内臓の虚(=血流障害)とそれに伴う緊張性マヒによって発生する。
この運動の基本的な効能は、身体の上半身を空虚(=筋肉の弛緩)にして下半身を充実(血流増加)
させる事である。
これよって体質が変わり、疾病を自ら去らせる事ができる。
 
2。スワイソー(腕振り療法)の方法--------------------------

 A.前後の手振り----------手を振るとき足は肩幅に開いて直立し、しっかりと大地を踏みしめる。 
両腕を一緒に前後に振るだけ。前に振るとき 
(首、肩、背中のコリ) は惰性で、後ろに振るときは速く。伸ばした状態で行う。
力を入れたり曲げて行うと効果少ない。 呼吸も重要で、前に振るとき息を吸う。後ろに振るとき息を吐く。 

 B.腰の回転----------------両腕の力を抜いて身体に巻き付けるように左右に回転させる。 
腰も一緒に回す。 足は踏みしめたままだが、
ヒザは腰痛、股関節痛に 多少曲がってもOK。 悪い部分があると多少痛い。 
その筋肉の縮みっぱなしになっているのが腰痛の原因なので           
その位の回転で長く行うこと 。 無理しても返って筋肉が収縮して逆効果。

3。腕振りの秘訣 (上を虚しく、下を充実させる)----------------------------
 頭はフワリと、からだに乗っているだけ。首の筋肉は緩めたままで乗っているように絶えず
バランスを取る。
 口はやや開けて、目はうつろな感じで。
 肩はダラリと下げて、腕は絶対に力を入れない。肘を曲げないように!
 腕自体の重みと反動で前後に振る。手のひらで空を切る感じで。
 腰を軸として、ヘソを前に出すように立つ。 その状態で腕を前後に振ると臍の高さくらいで身体が
前後して自然にバランスを取っているのがわかるはず。
 呼吸と連動させると筋肉の伸びが良くなる。 間違った呼吸(前に振るとき息を吐く。
後ろに振るとき息を吸う)は逆効果。
 足の裏全体で地面に立つ感じ。決して足の筋肉は使わず、バランスだけで立つ事。

5。反応作用(副作用)について-------------------------------
 鍼灸、アンマは反応作用があるが、この腕振りも同様にある。これは停滞していた気と血液に
変化が生じたためなので心配無用。
 主なものには、脚に熱を帯び、シビレやダルサが出る。 逆に冷たくなる場合もある。
 あくびやオナラがよく出るようになる。     

6。腕振りでなぜ病気が治るのか?---------------------------
 人体内で最も平衡を保つ必要があるのは何か。中国医術では「気と血」であるとしている。
「気血」が円滑に流れていれば、病気にならないし、万病は自ら去る。 
この原理に基づいて「気血」を改変し体質を回復させる。

7。症例(過去にこういう方もいたということです)
 毎日午前2000回、午後2000回、夜2000回 連続5月の腕振りで肺ガンが消滅した。
 関節炎、下血(潰瘍性大腸炎?)、食道癌の完治。
 頸部リンパ腺癌(Hodgikin ) 毎日1000回の腕振りで完治。
 半身不随、肺ガン併発  腕振り5月で完治。

癌とはなにか? ----------------------------
 癌と瘤は、「気血」の固まったもので、経絡が詰まって流れない結果、はき出された廃物である。
 つまり血液やリンパ液の流れが緩慢になり、質が重く、リンパ液、粘液、胞汁が変質し、また、
血液の活力低下、エネルギー変換が悪くなるので、これら変質した廃物がうまく排泄されずできたものである。

 腕振りをした後は、「気血」の流れが良くなるので、上半身の筋肉が柔らかくなり、
横隔膜は腕振りの上下運動に連動し胃と腸の間に強力な 「気」を生じさせる。
また血液が熱を持ち、古い血を吐き出し、気を補充し新しい血を増やす。
 同時に内臓も活発化する。
 
例えば、肝臓病について、肝硬変末期の腹水だが、これは肝臓に溜まった熱を冷やすために
身体中から、水が集まってくる事による。
 肝臓がむくみ適正でなくなるのは、気と筋肉が正常でなくなるからで、
水が溜まり排泄できない事が原因だが、胃、脾臓、胆嚢などに悪影響を 及ぼす。 
腕振りで、これらを解決する事ができる。腕振りで、おくび、放屁が出て非常に楽になってくる。

これは中国医術理論では、三焦を越したことになり新陳代謝が活発になったのである。
 肝臓が硬化したのは、死んだのであり、それでもアタらしく生まれ変わり得るのだろうか?
 硬化は質的変化であって、機能が萎縮し働かなくなったのは事実である。内に不均衡があって、
 殆どの気血が活力不足になるが、腕振りで気血が活性化し一方、胃を働かせて血を増やし、
 更に身体の気穴(経穴)を開き肝臓は停滞状態から次第に新生し硬さが取れ柔らかくなる。

8。高血圧になると、目に影響が出るが、腕振り後は、血圧は正常に回復し眼鏡(近視、遠視ともに)
 が不要になる。
 白内障は、1日2回、朝1000回、夜1000回の腕振りで、4週間後には見えるようになる。
 色盲や、瞼にできる小さな瘤は腕振りで体質改善し治る。
 全ては気と血の循環が改善された事で、機能回復したと考える。

9。腕振りと脈の変化--------------------------

 脈の左右差を診るのは中国医学の大発見で、古代医学では脈の作用に対して詳細な研究を残している。
 脈の変化から五臓六腑の変化と体質の強弱を知った。
 腕振りが病気を治せる最大の所以はこれによって体質が改善するからであって、
 その成果が脈に反映されるのである。
 
心臓病や高血圧が一般に脈が高く浮いて非常に速くなり、血圧が高くなるほどに速くなる。
 正常は60~80で長く力強い。
 血液の癌、リンパの癌は脈は遅く弱い。左右差がある。
 神経症、精神病、腎臓病は脈が速く滑らか。心臓と腎臓が交わらなければ、脈はゆっくりになり治る。
 半身不随、関節炎なども身体内部の「気血」のうっ滞による循環の不均衡で経絡、筋肉、
 関節に変化が起きたものである。
 特徴は左右の脈の強さが一致しない事である。時には左右で10~20回の脈拍数の差がある。
 往々にして片方の手足がだるい、痛い、しびれるなどの症状が見られる。実際にはどちら側にも
 問題があり、血圧が高い方は気血が滞っており、低い方は気血が行き渡らないのである。 

 腕振りは、こうした症状に特効的作用がある。
 腕振りは単に直すばかりでなく、気血の流れの不均衡を改善するだけでなく予防する働きもある。

 中国医学には「脈は踵より始まる」という言い方があるが、腕振りの全ての動作はその直後から
 気血(脈)を変化させる。
 脈は五臓六腑を代表するものだが、半身不随は頭重脚軽、上実下虚である。脈は左右差があり、
 20回/分くらい揃わない。

10。腕振りで改善されるものは-----------------------------
 脈が速い時は、血が気(天波エネルギー)をコントロールできず、気は消失する。 
 それは血のエネルギー不足が原因である。
 腕振りで胃腸をほぐし、十分栄養を吸収できると血のエネルギーが補充でき、
 気をコントロールできるようになる。
 脈拍が非常に遅いのは、血の循環に障害があるか、血液不足が原因で腕振りで四肢が運動し背、胸、腹を
 引っ張って動かし、血の停滞が解消される。
 脈の変化は気血の流れる系路の改善による。 
 では、そのように変化したのであろうか。 脈は踵から始まるようになったのである。
 腕振りの中心は脈にある。
 脚の気血に按摩を行ったのと同じ作用を発生し、脚の気血が全身に巡りエネルギーの停滞が
 解消される。
300回を越えると気血が十分に回り始めるそうです
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
呼吸が逆でした。 後ろに振るときに吐くと
全然違います。今までも時々やっていたのに
逆効果だったとは、、、、知らないって怖いです。

奥深いものですね。 一層がんばってやってみようと思っています。









腕ふり体操1

秋になって、秋の草草のアレルギー。そして毛糸で編むとそれもアレルギー。なのか 鼻をかんでばかり。

鼻汁の多い日々が復活。
目も 圧迫するうつ伏せ姿勢で眠るためかすんでる。視力の低下が気にかかる。

耳もあまりにも鼻をかむので 聞こえなくなってるようで不安。

これ 難病の好酸球性副鼻腔炎の人も 同じ症状を訴えていた。


どろどろ鼻汁。その粘液が 耳に影響を与えて
聞こえなくなってゆく。ステロイドばかり使うので 緑内障になってしまって。

鼻の症状のせいで 耳が聞こえなくなるかもしれない、目が見えなくなってゆくかもしれない。絶望感を御自分のブログで書いていたのを読ませてもらう。

医学は 未だ解決策にたどりついていないらしい。


わたしの場合は アレルギー対策にいろいろ行ってるのが幸いして、鼻汁は減ってる。

それでも なくなりはしないので、今もどう対応するか 考える日々。

ただ、気がついたことは、今困ってる症状は
すべて頭部で起きてる。つまり 首、肩の辺りで血流が阻害されて頭部への血流が悪くなってる可能性があるのかもしれない。

そこで、とりあえず血流をよくするために
腕ふり体操をすることに。
骨格矯正で万病を治して不老不死に導く「腕振り運動①」
転載させていただきます。

http://japan666.seesaa.net/article/122492739.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
腕振り運動とは、中国の『達磨易筋経』の秘儀「健康長寿の秘訣」として書かれていたもので、グラビトン(重力子)の研究で有名な工学博士の故・関英男氏が実践していた体操である。

達磨大師は「禅」の祖である。

禅とは座禅を組んで精神統一を図る修行だが、腕振り運動は「動禅」だといわれている。

腕を前後に振り続けることで徐々に骨格が調整され、万病が改善されていくという理論だ。

関博士は80代で腕振り運動を始め、90歳を過ぎても毎朝2000回くらい行ない、年を取るごとに元気になり、視力も良くなり、96歳で他界するまで現役で研究を続けていた。



腕振り運動は、船井幸雄氏によって「両手振り体操」の名前で広く知られるようになったが、船井会長は毎朝1000回くらい行なって、0.05だった視力が約3年で0.9まで回復し、眼鏡が不要になったという。

その後、殆ど度のない伊達眼鏡をしていたらしい。

また、猫背が改善されたことを挙げている。

そして腕振り運動後、携帯電話やテレビ等の電磁波の悪影響を受けなくなることが、Oリングテストによって確認されている。

霊も一種の電磁波なので、霊障の解消にも効果があるということだ。



『免疫革命』で有名になった新潟大学歯学部総合研究所教授の安保徹氏は、船井氏との共著『医者いらず老い知らずの生き方』の中でこのように述べている。

「一つの運動を根気よく続けることで若さが維持できる
両手振り体操の効果は、まず背骨がまっすぐに伸びることです。
また、両手を振るときに、両足の親指に力が入って腰の裏側にある仙骨が後ろから押されるような感覚があります。
現代人は猫背の人が多いのですが、これが改善されて姿勢がよくなります。
同時に、臍下丹田に力が入るので、下半身が安定してきます。
両手振り体操では、振ること自体にも効果があります。
日頃なかなか鍛えることのできないインナーマッスル、すなわち身体の内側の小さな筋肉が刺激を受けて活性化することにより、身のこなしが軽やかになります。
パッと立ち上がったり、スタスタ歩いたりできるようになるのです。
さらに、後ろに腕を振ったときに胸が開くので、胸腺の働きが活性化している可能性もあります。
私は生物が水の中にいた時代に獲得した古い免疫系と、陸上に上ってから獲得した新しい免疫系があることを解明しました。
新しい免疫系は胸腺などにあって、加齢とともに働きが衰えます。
しかし、両手振り体操は、この新しい免疫系を賦活化している可能性があるのです。
単純な運動でも、何か特定の運動を熱心にやることが、全身の筋肉強化につながります。
一つの運動を続けるだけで健康的な身体を維持できるのです。
大切なのは、その運動をやりつづけることです。
ですから、お年寄りは、若い人たちがやるような本格的なトレーニングをしなくても、ちょっと力を入れるだけの単純な運動の継続が大きな効果を発揮するのです。
両手振り運動は一見、腕の筋肉しか使っていないようにみえますが、勢いよく腕を後ろに振ったときに上半身全体に刺激がいきますし、上半身を支える下半身にも負荷がかかります。
結果として全身運動になるのです。
単純な運動のいいところは、やるのが面倒にならないことです。
複雑な体操では毎日やるのが面倒になってしまうこともあります。
ラジオ体操ですら、けっこう複雑です。
面倒な動きが入っていると、途中でやるのがおっくうになって結局、続けられなくなることが少なくないのです。
ですから、単純で続けることが苦にならない運動のほうが、結果として効果を発揮するのです。
両手振り体操は、その点でも優れています」


安保教授は、著書「免疫を高めると病気は必ず治る」の中でも腕振り運動を紹介し、250回(約5分)を1日4回行なうことを勧めている。

腕振り運動で、五十肩や眼病が改善されたり、医学的に説明できない現象が多数報告されているが、船井氏は「腕振り運動で背骨が真っ直ぐになることで万病が改善される」と考えている。




【腕振り運動①】

手を振るときは身体を直立させ、足はしっかりと大地をつかまえる。

足と足の間隔は肩の幅とし、両肘は一緒に前または後ろに振り、後ろに振るときは少し力を入れ、前に振るときは力を入れず、反動で戻ってくるようにし、両肘は真っ直ぐに伸ばし、曲げないこと。

目は真っ直ぐ前方を見、心に邪念を懐かず、黙って数を数え、はじめは2000~3000回振り、徐々に回数を増やしていく。

◇成果例・・午前2000回、午後2000回、連続5ヶ月の腕振りで肺ガンが消滅した。
その他、各種ガン、眼病、半身不随などの完治例もあり、万病に効果が認められている。

肝臓が病み適正でなくなるのは、気と筋肉が健全でなく、水がたまり排出できないから苦しくなり、胃、脾臓、胆のうなどに影響する。

腕振りをすれば、すぐにあくび、放屁が出て新陳代謝が起こる。

他に、眼病、半身不随、高血圧などに効果的。病気の予防にも最適。
(グラビトニックス「第5章・生理学と生物学」より抜粋)




また、GTP(プラーナ、気)は神経細胞に蓄えられ、電気パルスの神経線維伝導を助けるが、GTPがなくなると伝導しなくなる。

伝導しなくなれば、心臓も何もかもがその働きを停止する。

一呼吸毎にGTPが減少していくので、呼吸回数に比例して寿命が短くなる。

だが、GTPを補給する方法があれば、話はまた別である。

関英男氏は「腕振り運動」でGTPを補給する事が出来ると説いている。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アレルギーが良くなるかはともかく、頭部の血流がよくなるのは 確かそうなので がんばってみようと思います。

クリーニング

ホ オポノポノの実践は、簡単に思えて すぐに わすれがちになるので 難しい。

クリーニングは、 分離を経験しないとそれなりに体験できなかった この世の苦悩から 分離のベールを一枚、一枚 はぐような 作業のような気がする。

分離の経験は 重くて 沈まないとできないから
まとったベールの記憶は 重い思いが多い。


瞬間、瞬間に思ってる。
 ものすごい積み重ねの思いの記憶が堆積
していて きりなく 続く。

この世には 自分しかいないと気がつくことは
大悟の 世界だ。 果てしない孤独に気がついてゆく世界。みんなそこに 帰ってゆく 道すがらだ。

分離が 錯覚だとしても 他者がいて 他者に対して思いがある世界は素敵なのだ。

だから、この世に出てくる。元は一人で自分しかいなかったと わかっていても 人は自分以外の存在にいてほしい。


静かにクリーニングの世界にいく。

この神の遊びの世界にいて 苦悩してても、しょうがない

ウニヒピリの声

ほとんどの人は 自分のウニヒピリの声を 聞いたこともなければ、姿を見ることも
無いと思う。


存在そのものが 意識にあがらないのだと思う。

わたしも、長い 長い時間そうだった。

2回目の ウニヒピリの声を聞いたとき、じんわりとわかったことがある。

当たり前だけど 潜在意識と 顕在意識は ともに 自分なので 離れようがない。

顕在意識に 気がついて もらえない潜在意識。記憶の保持担当なので、顕在意識が思ったこと、考えたこと

それが、批判であれ、嘆きで あれ、 恐れであれ、喜び、感動であれ、すべて 保持して パンパンになってる。

いい加減にしてほしいと思うこともあるのだろう。


顕在意識のわたしは ずっと潜在意識の存在に気がつかないで来たけれど、本当は敏感に感じ取っていたんだと思う。

潜在意識の持つ 孤独感、さみしさ、 ひとりぼっち、誰にもわかってもらえない。

わたしが 若い頃からずっと感じていて もてあましてもいた 孤独感。


どこから これが くるのか わからなかった。

このひとりぼっちだと 感じ続けていたのは 潜在意識の思いだったのでは ないかと思うようになった。


この子の存在に はっきりと気がついたとき 顕在意識のわたしは 自分はひとりぼっちではないと感じた。

今までには 感じなかった 深い安堵の気持ちのようなものが 生まれた。

これは おそれく 顕在意識、潜在意識ともに そう感じたのではないかと思う。


わたしは ずーっと 潜在意識の存在をしらずにきたけれど、潜在意識の 寂しくて 孤独な気持ちは
受け取っていて それを 顕在意識の自分の気持ちだと思ってきたのかもしれない。


時々、人生にありえないような ミラクルが起きたと思うことがある。

とっても 不思議な起こり方をするので 不思議だった。

それに ウニヒピリが かかわっていたことが ぼんやりとわかりはじめた。


誰も ひとりぼっちじゃないし、孤独でもない。 必ず 自分と、潜在意識のこのこと ハイアーセルフがいる。


還暦も過ぎて やっと わかりはじめた。潜在意識のこと。

沢山、沢山、暗い想念を記憶させてしまった。まずはクリーニングを。

医学は量子物理学の医学へ移行しつつある

57歳から ずっと 体の不調と向き合ってきた。

原因探しのたびで いろんなことを調べてきた。自分に足りなかった ビタミン、ミネラル、も充分補充してみたし。
リーキガットにも 向き合ってきた。真剣に追いかけて それなり、以前より良くなった。


病の元の 副鼻腔炎は まだ 続いていて やっぱり 向き合うことは やめられないでいる。
今年は 幾度か 呼吸ができなくなって その原因も追いかけた。


今のわたしが だどりついてる ところは 3次元的には すべての病の原因は体が 酸化することから
起きてるということだ。
体を調べると ひどい 酸化がおきてるのが わかり、 これを 正常の弱アルカリにしないことには
健康には生きられないと わかった。


その対策として クエン酸を 飲んでいる。


でも3次元的に いろいろ補充するほかに、わたしは 量子物理学の 医療を体験することに決めてる。

もう、この世に あって 使ってる人は 使ってる。 一般の人が知らないだけである。


薬や 放射線と違って副作用は ない。

治療に痛みもない。


それは 波動共鳴の世界だ。弱って正常な振動からはずれて いる 体を正常な振動数に共鳴させて
治癒に 導いてゆく。

原子のレベルで見れば、ほとんど 空っぽの体。瞬時に 病が 消えてしまうことは 充分可能だと
思う。

こちらの 治らない という 信念。病気を選んでる自分でも気がつかない 選択。

そういう しばりから 自分を解き放って振動に身をゆだねて治してゆく。


ひとつには 音で。マントラ、お経、などがこれにあたる。浄化が起きてるのだろう。

ひとつには 図形のような 視覚に訴えるもので。図形から出る 波動が体に響く。

そうして もうひとつは 光の世界。

そして 今では 周波数治療器がある。 ライフ博士も松浦博士も ひどい 弾圧を受けた。
時代の先駆者をつぶそうとした歴史がつい最近のこととしてあった。


それでも ヨーロッパでは 保険が効いて 選択できる 医療として 堂々と存在している。


わたしが 治療を受けた ドクターも カタカムナを使って独特の医学を展開してる。
量子物理学で 治す手法だ。


一般てきな ものの見方をしていると 全然わからない。

でも 体を副作用なく治してゆく 基本なのだ。この世界が これから 花開いてゆくとわたしはみている。


自分の体も 量子物理学で 治してゆこうと思う。

そう思いながらもう一方で ウニヒピリとのつながりを強化しないとと思う。

記憶のクリーニングは 量子物理学の医学なのか どうかわからないけど。
もしかしたら そこを越えるのかもしれないと思うことがある。

なぜって 大勢で真剣に行えば この地球の惨状も変えられる可能性を秘めてる気がするからだ。


このこの アドバイスほど的確なものは ないのを痛感してる。


地球が転換期に入ってるせいで、物事の展開がはやい。今どうなってるか 外の情報によく
アクセスしていたけど。

横ではなく 縦に繋がって生きないと 迷うばかりだ。


わたしのウニヒピリの声

3月に ウニヒピリのことを書いた。

見えるわけでは ないせいで わたしは 時々しか 思い出せない状態で、それでも ふっと気がつくと
わたしの中の ウニヒピリ 。ローアーセルフに 話しかけてた。


信念に乏しいわたしは 毎日 クリーニングもせずに 日々思考に 埋もれて 情報を追いかけてる。

先日 ハイアーセルフに出会う瞑想というものを 読んで 初めて やってみたときだった。
そのとき、それなら かならず、潜在意識である この子も一緒じゃないと と思い、「いっしょに
ハイアーセルフに会いに行こう」と誘って 瞑想に入る。

ホ、オ、ポノポノでは 顕在意識のわたしは 、直接 ハイアーセルフには 会えない。ウニヒピリの介在が
必ず 必要だと書いてある。


潜在意識のわたしは 膨大な記憶を保持したまま 顕在意識のわたしから 忘れ去られて生きている。

時々、思い出し考えるように なっても、 声が聞こえたことは 一度だけで 常に意識して生きるのが難しかった。

その日、眠る前 一緒に瞑想していて 自分の ハイヤーセルフの 光は こういう色なのかと思いながら
いたとき、頭の中にその声は 、響き渡った。


知ってる人も読んでるので 具体的には 書けないけれど、それは 間違いなく我が家にとっては 非常事態が
起きてることを 告げる声だった。


まさか、 そんなこと 一度も 考えたことのない 事態だったので すぐに 確認をした。

それは 事実で 確かにおきていた。


急いで 手をうつことに。

専門家に 相談。その人が言うには、 最悪の事態の前に 見つけられて良かったですね。

とのことだった。


そのとき、わたしが 思ったことは 顕在意識のわたしより 潜在意識のウニヒピリは 何でも知ってる
という 感嘆の思いだった。 


ハイアーセルフの声かなとも 考えたけど、 どうも ハイアーセルフは こういう ちまちまとした
3次元の 日常の ことより もっと 高い意識の世界にいるみたいで わたしの 日常を共に生きてるのは
やっぱり、 潜在意識のこの子だと 感じる。


いい加減、外に目を向けるのは やめて 内側に入らないと。

外には 何にもないなと実感する 日々になりつつある。

スーパー連合の解散

https://www.youtube.com/watch?v=PFbPhWIcAgo


スーパー連合の解散=地球人類の勝利!!【コズミックディスクロージャSeason10,Episode2】


音声を消して 文字だけ読んだほうがわかります。

コーリーグッド氏の情報は わたしたちの これまで信じてきたものが なんだったかと思わせます。

膨大な内容で 正直ついていけないのですが 。 この世から 戦争がなくならないわけ。富の独占。
奴隷のように働く現実の真相が 紐解かれていきます。




何ヶ月か前に エイリアンインタビューを読みました。

かなりの衝撃を受けました。わたしたちが これまで読んできたチャネリング情報はなんだったのか。

このインタビューの内容が 真実だと思ったものです。

それから 急にいろんな 情報を目にするように なりました。

隠れてた 真実が ちらちらとネット上に 現れてきています。

淺川さんのホームページへ


もしかしたら、最新の情報だと思います。
かなり 差し迫ってきてるなと思います。
半霊半物質の体にならないと 行けないだろう
と思っていた世界が 、、、

真実なら
かってに奴隷にされた人々は どうなるのか。
人間を連れて行かなくても いくらでも ロボットにしてもらえそうなものを。
他にも 思うことが沢山です。じっくり読んでみてください。







隠され続けてきた未知なる世界の真実1
http://www.y-asakawa.com/Message2018-3/18-message88.htm


隠され続けてきた未知なる世界の真実2
http://www.y-asakawa.com/Message2018-3/18-message89.htm

隠され続けてきた 未知なる世界の真実3

http://www.y-asakawa.com/Message2018-3/18-message90.htm


鼻づまりや目の疲れにも!カンタン「鼻まわりスッキリマッサージ」

鼻づまりや目の疲れにも!カンタン「鼻まわりスッキリマッサージ」

https://ima.goo.ne.jp/column/comic/5721.html



あっという間に鼻づまりが直る!?かもしれない方法たち

https://matome.naver.jp/odai/2138269573456902401

鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説

https://kenka2.com/articles/1806

ロイテリ菌のこと


通販で購入したオススメのモノ・気になるクチコミまとめブログ

http://katte-yokatta.com/reuteri-mushiba/





カンジダ菌対策に効果絶大だった乳酸菌「ロイテリ」




https://vitaminj.tokyo/archives/7700

栄養療法検査結果①フェリチンの上昇(1)

https://vitaminj.tokyo/archives/559


花粉症を克服した3つのポイント

https://vitaminj.tokyo/archives/1242


なぜストレスが腸に悪いのか?アドレナリンで腸内細菌が激変するという事実

https://vitaminj.tokyo/archives/2473

大人ニキビ・ガス腹は「SIBO」(小腸内細菌過剰繁殖症)が原因だった件

https://vitaminj.tokyo/archives/2002


栄養療法が効かない場合は「炎症」を疑え

https://vitaminj.tokyo/archives/4151

リーキーガットに効くと言われる「LKM512」

https://vitaminj.tokyo/archives/4113


ビタミンB12の情報

わたしのメモです。

ビタミンB12が不足するとおきる9つのサイン

https://www.mylohas.net/2017/12/065727signs_of_b12_deficiency.html

ビタミンB12の不足について ビタミンB12の高値

https://nutmed.exblog.jp/12351612/

ビタミンB12
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/07.html


https://www.midorimushi-shop.jp/euglenalab/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3b12%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%82%84%E5%A4%9A%E3%81%8F%E5%90%AB%E3%82%80%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3b12/


シアノコバラミン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3

松の葉の栄養

松葉についての 情報です。

松葉が持つ 抗酸化作用の分析

http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/science/ronnbunshu/h25/133068.pdf

健康 玉手箱
https://ameblo.jp/lm236414/entry-10251857132.html

日本の自然薬
http://www.seihouen.ne.jp/newpage-matu.htm

漢方誠芳園薬局
アレルギー性鼻炎,花粉症,血管運動性鼻炎,通年性鼻炎などの対策
http://www.seihouen.ne.jp/newpage-arerugi-.htm

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ブログお母さんの愛のおやつとヒーリングより転載させていただきました。

https://ameblo.jp/emirin252525/entry-12317960520.html

松葉の効用 末期癌にも驚きの効果アリ

松葉エキス
サラサラ血流で脳梗塞など
奇跡的に改善


船瀬俊介


■肉食で血管が詰まる・・・!

アメリカ人の6割は肥満という。哀れ、二人に一人は確実に心臓マヒでポックリ死ぬ運命にある。その”肥満大国”を後追いしているのが日本である。軍事路線だけでなく"肥満路線″でも後を追っかけているのだ。なんとも情けないかぎりだ。
「日本では心臓疾患はアメリカに比べてはるかに少ない。しかし、日本人がアメリカに住んで、アメリカ式の食事をするとどうなるか?彼らの心臓病死亡率は、なんと10倍に跳ね上がる」これはアメリカでベジタリアン(菜食)運動リーダーとして知られるハワード・ライマン著(『まだ、肉を食べているのですか』三交社 拙訳)の一節。
ライマンは「完全菜食にすると心筋梗塞の97%は防止できる」と断言する。ところが、最近の日本人の食事風景を見ているとゾッとする。とりわけ若者たち。朝はファストフード店でハンバーガ-にポテトフライ。昼は牛井をかきこむ。夜は焼き肉食べ放題。これだけ肉食をかきこむと、それは飽和脂肪とコレステロールに変化しネバネバと血管壁に張付き詰まらせる。アテローム性動脈硬化症と呼ばれる症状だ。
最近、若者に若年性痴呆・・すなわち”若ボケ”が急増している。脳を調べてみると脳内の微細血管が詰まっている。ミニ脳梗塞を起こしているのだ。つまり頭の血のめぐりが悪くなっている。原因は、いうまでもなく脂肪の多い肉食、動物食にある。脳血管が詰まれば脳梗塞。破れれば脳出血。いずれも死や身体マヒなどの重大な後遺症を引き起こす。これら脳卒中も悲劇だが、心臓の血管・・冠状動脈が詰まる狭心症、心筋梗塞も辛い。若者の問に、突然死するポックリ病が増えている。つまりはアブラたっぷりの洋風食が元凶といえる。死なないまでも脳梗塞などでマヒを抱えたばあい、家族も辛いが、本人も辛い。



■松葉で「身軽く不老延年す」

脳梗塞の後遺症に松葉が驚異的効能がある・・と知って驚いた。きっかけは『民間茶薬効事典』(農文協)を執筆したことによる。古来、中国では「仙人は松を常食していた」と伝えられる。山伏も松葉を噛み噛み、峻険な峰を踏破した。中国の漢方書『本草網目』には「松葉」は「毛髪を生じ、5歳を安んじ、中(胃)を守り、長寿を保つ」と明記。さらに「強壮になり、歯を固め、耳目をよ-する」とある。「久しく服すれば、身軽く不老延年す」とは心強い。さらに医療古典書『千金万』には「脳卒中の後遺症を治す」とある。つまり「3年の中風(脳卒中の後遺症)には、松葉一斤を細かく切り、酒一斗で三升に煮取って頓服(服用)する。汗が出てたちどころに治る」とは素晴らしい。日本でも古くから「松葉は中風に効く」と朝、御飯を食べるとき松葉を一本をよく噛んで食べる風習が各地であった・・・という。それが「青臭い」などの理由で廃れてしまった。それに伴う食の”近代化”で、夥しい難病、奇病が蔓延しているのも、なんとも皮肉ではないか。
『和湊薬草宝典』には「松葉を煎じて冷やし、その汁にてウガイすれば歯痛が止まる。松葉の煎じ汁に塩を加えて口に含めば、歯茎が腫れて痛むのを治す。松葉を食すると強壮剤となる」とある



■脳梗塞の重度ボケが完治

松葉の薬効として報告されているものは、以下の通り。「ボケ」「不眠」「高血圧症」動脈硬化」「脳卒中の予防」「咳」「ぜんそく」「神経痛」・・・などなど。
その科学的根拠としては

クロロフィルが血液を浄化し、血管を若返らせる。テルペン精油が血液をサラサラに、ビタミンA、Cなど種々有効成分がスタミナ源。ビタミンKが血液凝固を防ぎ、老化防止。色素成分クエルセチン(フラボノイドの一種)が血管壁を柔軟に。ボケ、物忘れに効く。抗酸化作用。活性酸素を取り除くSOD(スーパーオキシド・ディスムターゼ)作用で病気、老化防止・・・その他、まだまだ未解明の成分が松葉の奇跡の卓効を支えているのだろう。

わたしが最初に松葉の効能に驚嘆したエビソード。「3日間意識不明の脳廟塞による重度ボケが完治した」というもの。板前のAさん(61歳)は意識が戻ったとき「あ」の字も読めないという痴呆状態だった。絶望した妻が、たまたま出かけたデパートの「中国薬草展」で買い求めた松葉ジュースを、ワラにもすがる思いでAさんに飲ませ続けた。すると半年で頭もしっかり回復。握力ゼロだった右手も包丁を握れるようになり、ついに調理現場に復帰した。「松葉ジュースを飲んでいなかったら、人生は3年前に終わっていたよ」笑うAさんは脳梗塞で死線をさまよった人には思えない。その他、健康雑誌『壮快』(91年2、5、10月号)には、数多くの松葉で回復した人々の体験談が掲載されており、その驚異的な”奇跡の効能”に刮目した。



■創業明治一五年、川ばた乃エキス

久し振りに九州に帰省。出会った叔父(75歳)が足を引きずっている。脳梗塞でアカンでと嘆く。そこで、松葉の効能を思い起こし、尋ね回ってたどり着いたのが(株)川ばた乃エキス社である。 創業、明治15年。屈指の老舗。「日本人が古来から伝承的に民間薬としてきた自然の恵み、河口近くのしじみ、牡蠣、昆布、山の赤松などを原材料に煮熱水抽出し、それぞれのエキス(濃縮液)をつくってきた」という。その煮沸は30時間余もかけ、エキスは冷暗所に保存すると「数十年は保存可能」というから凄い。
同社の「ほんもの」に徹する姿は貴い。牡蠣は「能登の牡蠣」、しじみは「木骨川の大和しじみ」、昆布は「北海道の根昆布」・・・と原料の厳選は徹底している。
エキス造りに不可欠な水も、各種異物が混じった水道水は避け、山の湧水を徹底水質検査して定期購入して使用している。
製法も昔ながらの鉄鍋でトロトロ長時間かけて原液を煮詰める。味加減、火加減は、すべて100年の伝統的職人芸だ。



■昔ながら30時間煮詰めて

松は古来より霊木、神木と呼ばれる。姿美しく樹齢も長く、まさに"松寿千年″ 。「古来から人間のあらゆる病気に効いて、健康づくりに多大な責献をしてきた植物は他にない」(同社パンフ)

同社の松葉エキスができるまで。

三重県、車も入れぬ山中、赤松の松葉を採取麻袋で背負って山道まで運び降ろすこまかく刻み、洗浄し大きな鉄鍋で煮詰める2時間煮出して、新しい松葉と交換し、さらに煮出す煮汁を漉して、30時間煮詰めるドロツとした松葉エキス(原液)ができあがる瓶に保管し、瓶詰めして完成。ちなみに煮出した後の松葉のカスは,うず高い茶色の山となる

同社パンフには、松葉の様々な「召し上がり方」が紹介されている。

A:てんぷら、B:松葉茶、C:松葉ジュース、D:松葉酒・しょうちゅう。
ただし、新鮮な松葉が手に入りにくい、苦い、ヤニでべとべとする・・・など、現代人には常食は困難だろう。そこで、松葉エキスが役立つ。「野菜嫌いで偏食気味の方や、タバコをよく吸われる方におすすめします(同社)



■シベリア拘留捕虜を救った松葉

同社は松葉が効く理由を「血液の汚れ」を浄化するからという。血液がドロツと汚れると血管壁に付着したり、流れが悪くなり、新鮮な酸素、栄養がとどかない。二酸化炭素や老廃物も排泄されず、さまざまな不快症状を引き起こす。それは、肩こり、頭痛、冷え、胃腸不良、抜け毛、イライラ・・・など。

松葉が人命を救った話もある。

東洋医学の権威、橋本敬三博士は、戦時中軍医であったが、戦後、旧ソ連に抑留されてしまった。ナホトカ収容所では数千人もの日本人捕虜がピタミンC欠乏から深刻な壊血病にかかって苦しんだ。皮膚にボツボツ赤い斑点が出てくる。博士は、軽症患者を山に引っ張って行き、松葉を採らせた。「毎日、少なくとも30本ずつ生で噛むように」と厳命。兵隊たちは一生懸命、噛んだり、汁を吸った。そのうち炊事場で御飯に入れて炊くようになり、おかげで全員、壊血病から回復して生還したのである。



■医者も見拾てたガン患者が元気に

松葉エキスは、どうやらガンにも驚異的に効きそうだ。同社、川端専務の話。

▼肝臓ガン
「B型肝炎の38才の男性Bさん。肝臓ガンに移行した。『こんな病院で死にたくない・・・』と点滴を外して病院を脱出。タクシー拾って自宅に帰ってわが社に電話してきた。そこで、まず松葉エキスで血管を”道路掃除”。ついで肝臓にやさしい成分しじみエキスを与えた。すると1~2か月で延命効果があらわれ元気回復。『正月は迎えられん、と諦めていたのに。よくなつた!』と本人も感激していました」

▼末期ガン 「ある末期ガン患者さんは『何でも好きにやっていい』とお医者さんにも見放された。自然に近いものなら・・・と松葉エキスを口にしたとき『ひょっとしたら助かるかも・・・』という感覚が湧いてきた。一週間ほどで『助かる』と実感が強まり、いまだご健在です。こういう奇跡の患者さんを何人も見てます」

▼皮膚ガン
「顔半分ガンに侵され絶望されていた方。この患者さんも松葉エキスだけで五年間も健康で存命されています」

▼食道ガン
抗ガン剤が一切効かず、食事も喉を通らなくなった末期ガンの例。医者からも見放され、松葉エキスを喉に流しこんでみた。1~2週間で体調が何かしらよくなってきた。3週日に『飲めるものは飲んでみよう』と重湯を口にできるようになった。生きる力が湧いて来たのですね。その方もご健在です」
彼は言う。「松葉エキスで赤ちゃんみたいにきれいな血液になります。新陳代謝もよくなる。(ガンなどが)治るのは当たり前でしょう」当たり前のことをすれば治る。それができていないのが現代医寮であり病院だ。

川端専務は「病院で補助療法として松葉エキスを使ってほしい」と熱を込めて語る。「とくに入院は身体を休ませるためでしょう。ところが”食べて治す”という観点からすれば病院食は一考を要する。食事をまともにしなければ始まりません」これは健康食品で身体や病を癒すときの鉄則でもあろう。「身体に効くものを摂っているから」と、それ以外は無頓着な食生活では、本末転倒もきわまれり。



■「これは効くぞッ・・・」奥深い滋味

さて、同社の松葉エキス。蓋を開けるとネットリ黒いぺースト状。鼻を近付ければほのかに重厚な香しさ。付属ヘラでちょっとすくって口に。なるほど・・・。舌の上から苦味というより、コレぞエキス・・・という奥深い滋味が口中に広がる。「これは効くぞッ・・・」と思わずなづいてしまう。松葉エキスは、1日2グラム目安。添付へラに乗せコップ一杯の水かお湯に溶かして飲む。試みにコップの水に溶かす。茶色い液体となったものを一口。意外や意外。抵抗なくスッキリ飲める。薄日のコーヒーのような味わいとでも言おうか。これなら苦もなく、1か月、2か月・・・と常飲を続けられそうだ。
ちなみに仲間の「しじみエキス」。やはりヘラですくつて口に。濃厚なシジミの香りが口中にたちこめ、なかなかいける。さすが30時間、煮詰めただけのことはある、と大いに納得したことであった。



不思議な夢

今朝の夢は 不思議な夢だったので 書いておこうと思う。



宅急便で お地蔵様のお姿をした神様が届く。一緒に 眷属神なのだろう

象の姿のものや 他の動物の姿をしたものも 届く。



夢の中で なんで 、、と思うわたしがいる。

それが 一組ではなく 何組も届く。はじめは ここにお祭りしようかと考えてるのだが

一箇所では 間に合わなくて 家の中の何箇所にも お祭りしなくては と 考える。



夢から醒めて 神仏にうとい わたしは 象徴としてお地蔵様をみたけれど 本当は

どなたなのだろうと 考えてる。



送り主は 自分だったので 高次のわたしか 別次元のわたしが 自分に送ったものと

思われる。



わたしは 神社仏閣にめったに いかない。 行けば「神様のお幸せをお祈りいたします」

というだけで 願掛けはしない。 わずかなお賽銭で 願いをかけて そこに祭られてる存在と

取引は しない。



わたしには そこに祭られてる存在が 神様なのか 魔物なのか 判断できるほどの能力がないとわかった日から そうしてる。 神様には 神様のお仕事があって 大変なご苦労をなさってくれてると 知ってから一層そうしてる。



若い頃から 今の医学を遅れた野蛮な医学だと思ってみてきた。

身体を治すなら エネルギー体で治せばいい。手術だのなんのと 痛い苦しい治療をして

薬という 毒物を入れなくても 周波数治療で すむでは ないかと 考えていた。



ドイツではもう 保険も効く 音薬が 出してもらえる。



この 化学万能の医学から 量子物理学の医学に移行しなくては 患者は 苦しむだけだ

と思う。



そこで 気がつく。そうか わたしが 選んでる治療法は 化学療法では なくて 量子物理学

に基づくものに 変化したんだ。



そのために 遠くのドクターまで 行ったんだと思う。



多分夢は そのことを 教えてくれたんだと 思う。 良い夢を見たと思いたい。




記憶の再生に生きなくても いい。

たった数日ホ、オポノポノのことを実践しようと取り組んでるだけなのに

この開放感、 自由な感じはなんなんだろう。

もしかして わたし、ずーっと 記憶に縛られて生きてきたのかな。

ウニヒピリの声が もっと 沢山聞けるようになったら、何が変わるのかな。


後悔してることがある。 家を建て替える前 、あんなに 世話になった、わたしの育った家に
さよならを言わなかった。 感謝も伝えなかった。

そのことをずーっと 後悔していたのに、 連れ合いの実家の解体のときも 自分の現実を
優先して やっぱり 感謝を伝えられなかった。

どんなに さびしい気持ちで 解体されて いったかと思うと、本当に自分は バカだと思う。


クリーニングして 感謝して さよならをすれば 良かったんだよね。


わたしが、ホ、オポノポノを実践して 感じてる開放感は、 
もう 記憶の再生で 生きる人生は 繰り返さなくていいと本当に 思っているからだと気がつく。


まったく 新しい 人生の選択をするのには、 すべてのクリーニングがいる。膨大な記憶のどこを
クリーニングしてるのかわからなくても 、自分の内側をクリーニングしてればいいこのやり方。

誰にも 何かしてもらわなくてもいいし、どこにも出かけなくてもいい。


昨日のように 自分の体調の回復とか、自分の願いを限定しないで、すべての判断、期待も手放して
ただ、クリーニングしてゆく。


だんだんに、 自分の家や 土地も クリーニングしてゆきたい。

何もかも 。記憶の再生で生きる人生から 自由に解放されるかもしれない。

何かとっても 息苦しかったのが 違うようになってる。





ウニヒピリと共に

ここ何日か いつも わたしの中の小さな子供といっしょにいる。

この子が いるんだと 感じることが できないときは 忘れ果てていて
意識にもあがらなかった。

今、 意識を向けると どこかの瞬間で 呼応する。

そして 何も変わらない日々なのに 幸福感が出てくる。

それは 忘れて 無視されていた 私自身が 喜んでる 感覚で
ウニヒピリは やっぱり わたしなのだ。


わたしたちは 分離したように すごく 不自然な形で生きてきて やっとそうではないと
わかってきたようなものだ。

わたしの 魂のメモリーバンク 。ウニヒピリ。 地球創生のときから そして宇宙の記憶にも繋がる
ウニヒピリ。膨大な記憶を保持してる。

その部分、 わたしたちは ひとつだから 誰のウニヒピリも そうやって存在してる。


ずっと いてくれたのに 初めて味わうような 感覚に満たされている。

わたしが やることは 彼女があげてくれた 記憶をひたすら クリーニングするだけだ。


迷いが深くて 外の世界に 何か 助け舟があるのでは ないかと ウロウロしていたわたしが
やっと 落ち着いて これでいいと思え世界にたどりついた気がする。






ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」【電子書籍】[ イハレアカラ・ヒューレン ]
楽天Kobo電子書籍ストア
<p>ネイティブハワイアンの伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」。<br /> これを、ハワイ伝統医

楽天市場 by ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」【電子書籍】[ イハレアカラ・ヒューレン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

よみきかせホ・オポノポノ 子供に、そしてあなたの中の〈ウニヒピリ〉へ [ マベル・カッツ ]
楽天ブックス
子供に、そしてあなたの中の〈ウニヒピリ〉へ マベル・カッツ 伊藤功 ヒカルランドヨミキカセ ホ オポ

楽天市場 by よみきかせホ・オポノポノ 子供に、そしてあなたの中の〈ウニヒピリ〉へ [ マベル・カッツ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

わたしのなかの ウニヒピリ

再会は 突然だった。

わたしは わたしの中の小さな女の子に 再び出会った。

 大きな声で 叫んでいた。

「抱っこして、 わたしも 抱っこして」

今は 去ってしまったお嫁さんと お茶を飲んでいたときだった。

彼女は 愛おしそうに 孫娘を抱いて あやしていた。その様子をみながら 話をする
わたしの頭の中で その声は 響き渡った。


驚いた。 誰の声か。

そして すぐに 小さなあの 子だと わかった。

それでも わたしは その後我が家に津波のように起きた 第一波 第二波に 押し流されて
体調が 崩れて その子と向き合うどころでは なかった。

それから 何年も 過ぎた。

わたしの身体は まだ 復調していない。すべてが 去って ひたすら 体調をなんとかしようと
向き合ってきたわたしに 幾度か ホ、オポノポノが浮かぶ。

浮かんでも 目先の 体のことを優先して生きていた。 あれほど 見えない世界が見える世界を作ってる
って追いかけてきたのに。


何度も 頭に浮かぶホ、オポノポノ。 本を読んだのは ずいぶん昔。

なんといえばいいのか。ある日 申し訳なさと 愛おしさで わたしは いっぱいになっていた。

あの子は 潜在意識のわたし。 今回の人生だけでなく 過去生のわたしのすべて 地球創生からの
記憶を パンパンに持って、そして 肝心のわたしからは 一向に相手にされず 独りぼっちで わたしの
そばに いつもいた。

いつも 自分は 孤独だと思う日々だったのに いつも 必ず可愛いあの子は わたしのそばにいたのだ。


わたしは 急速に ウニヒピリと呼ばれてる その子に意識を向けた。

お風呂でわたしが 丸山ドクターのカタカムナウタヒを口ずさんでると 自分も小さな指をあげて
わたしをまねて同じかっこうをしてお腹に乗ってる。

そのいとしさに 胸が痛くなるようだった。

見えるのとも、感じるのとも 違う その両方とでも 言えばいいのか。

めったに あちらから 声をかけては来ないのだけれど、やっぱり そばでいっしょに過ごしてるわたしなのだ。


本を再び読んで 、すっかり 忘れて離れていた クリーニングを今度こそ きちんとやらなくてはと思う。

わたしが 病の原因まで いってクリーニングしたいものだから 「一緒に そのときの記憶をクリーニング
してくれる?」と 頼んでみる。


山のように 記憶があって どの記憶がその原因かわからないのだが、ある日 ものすごい血を流して
る 自分のその部分が浮かんだ。 どうやら 怪我ではなく 拷問のようだった。

そのとき その子が「ウワーン」と大きな声を上げて 泣いた。

小さなあの子が わたしが 受けた辛い過去生の体験を記憶していて 悲しんでいた。おびえていた。

わたしは 顕在意識で生きてる。 過去の辛かったさまざまな体験は潜在意識のあの子が 引き受けて
パンパンになって 辛さを抱えてるように見えた。




どうして わたしは もっと 早く無意識の潜在意識の世界に気がついて 記憶の消去をしなかったんだろう。
あの子ひとりに 過去の辛い体験や 戦争の恐怖や 災害の恐ろしかったことや すべてを引き受けてもらっていた。

わたしと あの子が 一体となって 泣いてる。不思議な経験だった。しばらく 涙が止まらない。

急いでクリーニングをした。


それまで、体調を良くする為に ひたすら 物質世界の足りないものを追いかけてきたのに
わたしに 知らされたことは やはり、起きることの原因は すべて自分の中にあって

そして 見えない世界にこそ 大事な鍵があるということだった。



ずっと 小さな女の子が抱きしめるような お人形がほしかった。

わたしは それを 孫に去られて会えなくなったせいだと思い込んでいた。

でも どうやら 違ってたみたいだ。それは 潜在意識のあの子が欲しかったのを
ずーっと わたしが 感じていたかららしかった。




















ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 [ イハレアカラ・ヒューレン ]
楽天ブックス
ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 イハレアカラ・ヒューレン ケイアール サンマーク出版ウニ


楽天市場 by ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 [ イハレアカラ・ヒューレン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



自分と出会う

昔、昔に 一度書いたと思います。 探せなかったのでもう一度書きました。

まだまだ、若かった頃。わたしは 何か 自分の選択したであろう人生を受け入れがたくて

よく落ち込んでいた。



いくら、落ち込んでも 変わらないことは 考えていても 仕方ないことなのだけれど。



それでも 悪い癖のように反芻しては また落ち込むを繰り返していた。



その頃、よく わたしは「 他人は変えられない。変えられるとすれば自分だけ。

とか。」



「すべては 必然でおきてる。とか」 「未来や 昨日は 頭の中にあるだけで、

時間は今しかない。 いつでも 今という時間しかない」とか 。



そんなことを感じていた。それでも 息が詰まるような 何か違うこんな世界に

生きたいわけじゃないという感じが 抜けなかった。



答えは 自分の内側にあって そこからしか解決しないことは よくわかっていた。



わたしは 仕事が終わって帰ると 毎日瞑想の時間をとるようにしていた。



それは 短い時間だったけれど、すべての思考を 流して空っぽの自分にしないと

迷いのなかから 抜け出せないと感じていた。



多分 どこかのレベルでは 至福の中で生きることが 選択さえすればすぐにできると

わかっていたような気がする。

わたしは 瞑想の中で 未来の遥かなかなたの自分に SOSを出していた。



ある日 瞑想をしていたわたしに見えたのは。



後姿の 女の人が 3歳くらいの女の子を抱いて立ってる姿だった。



女の子だけ こちらを向いてる。



わたしは すぐに気がついた。あれは わたし。3歳のときのわたし。



そして あの女の人は 遥かな未来の自分だ。

どちらも わたしだった。



わたしは 圧倒されていた。その人は 男でも女でもない 両方のエネルギーを放っていて

力強かった。そして 地上の人ではないような 美しい輝きだった。



その 美しさと 力強さに 圧倒されて 瞑想状態から 停止状態とでも言えばいいのか。



固まってみていた。



その人は 一言も言葉を発しなかった。

ただ、わたしに 自分を見せて 去っていった。



見てしまった衝撃のような ものが わたしの中でゆっくりと大きくなった。



それは 未来の自分があんなふうに 成長するために 今があるなら

何でも 体験して経験してゆける。という風に わたしが この世での体験を

否定的に捕らえていたことからの 変化のきっかけだった。



今の苦しさの先にあるであろう。

 精神的に鍛えられた 強さや しなやかさや、 冷静な動じない判断力。

おそらく 楽しくて 生きやすい人生では 決して得られない もの。

 体験を積んで蓄積されなければ、決して出ないであろう 、 力強く 優しく 聡明な波動をわたしは瞬時に

受け取っていた。それは すべての苦悩に寄り添い 理解しながらも 手助けせずに

体験させる 深い愛のような ものだった。



そして何より、言葉では表せないくらい美しかった。

美しさ 輝かしさというものは どうして 人をこんなに魅了するのか。



それは 見てしまった衝撃のような ものを わたしの中に残した。



その日から わたしの中で 変わってしまったことがある。 逃げる思考を卒業できたのだった。

そして 抱いていた 幼子。



3歳のわたしの意味を その頃のわたしは 何のためにその人が抱いているのか理解できないでいた。





やがて 何年もたってから わたしは その意味をしることになった。



あの子は わたしの ロウアーセルフ。 潜在意識のわたしだった。



顕在意識で生きてるわたしは 潜在意識の自分と繋がれない限り ハイアーセルフ。

高次の自己と一体化できない。



あの人は 傷だらけの わたしの ロウアーセルフを 抱きしめてあげない限り、

高次の自分と繋がれないという ヒントを 今のわたしに届けにきてくれたようだった。



この世の肉体が終わっても わたしたちの 旅は続く。



旅の、 遥かな、そして一瞬で過ぎてゆく 旅の先にあるものに 触れた瞬間だった。

クローブの効能

一度載せて 削除してしまった情報のようで 必要なので ここに。




スパイシー丸山さんの ブログから転載させていただきました。



https://ameblo.jp/maruyamashu/entry-12128718535.html

クローブがニキビ、心臓病、糖尿病や口臭をやっつける!
(TheHealthSite.com Apr 11, 2015)

クローブは健康に関する全てのことに作用します。アナタはそれを知っていますか?さぁ、今から学びましょう。

クローブは多くのインド料理に加えるスパイスですが、この小さな、茶色のスパイスはサプリメントなどの添加物よりもはるかに有用です。ビタミンやミネラル、カルシウム、リン及び鉄などを豊富に含み、単に食べ物が美味しくなるだけでなく、あなたの体のために多くの効果を発揮します。あなたの毎日の食事にクローブを加えるべき10の理由をお教えしましょう。



#1 血糖値を低下させます

2006年にアラム・カーン博士が行った調査によれば、クローブは血糖値を下げ、糖尿病の良い状態を保ちます。このスパイスは、体内でのインスリン抵抗性の改善を助けるような、インスリン誘発に働きかけます。研究はまた、定期的にクローブを摂取することで糖尿病を良い状態で維持できることが示されました。
使用方法:クローブパウダー約10グラムぬるま湯に混ぜ、毎日それを空腹時に飲みましょう。もしくは食べ物にクローブパウダーを取り入れ摂取してみてください。

#2 消化を向上させることができます

クローブは、食べ物の消化能力を向上させるだけでなく、腸内ガスを排出させることができます。さらに、このスパイスのエッセンシャルオイルにより、胃の炎症を減少させ、胃内に存在する細菌を死滅させます。
使用方法:クローブ1個を口に入れて噛み、なくなるまで口に含み続けましょう。非常に刺激的で食べることが難しいスパイスです。 何度も何度も噛み続けることは避けましょう。 ゆっくりと出てくるエッセンシャルオイルにより、唾液腺がより多くの唾液を分泌し消化を助けてくれます。



#3 酸性度を和らげることができます


酸性体質の人にとって、クローブは命の恩人に値します。酸性度を大幅に和らげるだけでなく、消化を改善し、酸度の症状を軽減させる粘液の分泌を胃や喉で高めてくれます。またクローブは蠕動【ぜんどう】(胃内の食品を維持する筋収縮の作用)を改善し、酸の喉への上昇を防ぎます。
使用方法:酸性体質の場合は、食事の後にクローブにかみます。クローブを口に含んでいる時は水だけを飲み、スイーツをはじめ何かを食べることを避ける必要があります。



#4 コレステロール値を下げることができます
米国心臓協会により公表された研究ではクローブはコレステロールの削減に著しい効果を発揮します。研究によると体内のトリグリセライド(中性脂肪)やコレステロールレベルの減少を助けることができるとのこと。毎日の食事にクローブパウダーの約10グラムを添加すると、高コレステロールの悪影響からあなたを守ることができると考えられています。
使用方法:小さじ1のクローブパウダーを毎日の食事に加えたり、毎食後にホールのクローブを噛むことでこれらの効果が得られます。またはぬるま湯にクローブパウダーを入れ、毎朝空腹の状態で飲んでみましょう。コレステロール値のかなりの低下を確認することが出来るはずです。

#5 口腔衛生を維持します

クローブやクローブ油には、歯の周りの腫れを減らす強力な抗炎症成分が含まれています。口の中に存在する有害な細菌を殺すだけでなく、痛みを麻痺させることにも役立ちます。また、口臭を放つ舌や上顎、喉の上部の細菌をやっつけ口臭の問題を減衰させてくれます。その強い芳香により、あなたの口の中の臭いを変えてくれます。
使用方法:歯痛に苦しむ場合は、痛みを和らげるためクローブ油を塗布またはクローブを噛んでみてください。また、口臭を解消するためにクローブ溶液によるうがいや、直接クローブを噛んでみましょう。クローブ溶液は数個のクローブを入れた水を数分間沸騰させ、約2分放置します。それを冷やすと毎日の食後のうがい薬として使用することができます。

#6 呼吸を助けます

クローブには驚くべき数の成分が詰め込まれていますが、最も重要なものの1つがオイゲノールです。オイゲノールは去痰の特性を有することが知られていますが、それだけでなく呼吸における胸や副鼻腔の緩和に重要な役割を果たしています。また、このスパイスの抗細菌および抗真菌特性により感染症を一掃することができます。アーユルヴェーダによるとクローブは温かさを広めることで知られるスパイス。それにより痰を鎮めるなどの作用があるとされます。
使用方法:クローブ3~4個をつぶし、そこに黒コショウ1粒、ホーリーバジルを少量加えミックスします。約200mlの水を加え沸騰。生姜の小片を入れます。煎じ薬の準備ができたら漉(こ)して少量の蜂蜜を加え飲みましょう。

#7 関節の痛みを和らげます

クローブは鎮痛効果を有することが知られており、同様に炎症を改善させる効果もあります。このスパイスは熱を持った患部に広がることが知られており、したがって、炎症のある筋肉のリラックスさせることができます。これは、関節炎、リウマチや他の関節炎の症状改善に素晴らしい方法であることの理由です。これがヨガのアーサナたちが関節炎を克服する方法なのです。
使用方法:必要なことは、ローストした数個のクローブを柔らかい布包むだけ。それがまだ温かいうちに痛む患部に押し当てます。冷たくなってきたら再び加熱しましょう。そのままではなくクローブを潰し、それを患部に当てても良いです。しかし、潰したあとのクローブは加熱しないでください。クローブに含まれるエッセンシャルオイルは非常に揮発性があり再び加熱した場合、蒸発してしまいます。
もう一つの方法は、お湯を張ったお風呂にクローブのエッセンシャルオイルを数滴を入れ、痛みを和らげるために患部を浸すことです。別の方法としては、柔らかい綿布に潰したクローブを入れてしばり、お風呂に入れ浮かせておきましょう。これらのお風呂による方法では、クローブのエッセンシャルオイルが安定的に得られます。

#8 喉の痛みをやわらげます

喉の痛みの改善におけるクローブの主な働きはクローブの抗菌作用であり、それにより喉痛に伴う痛みを解消することができます。また、喉の痛みの時に経験するかゆみを和らげるのにも役立ちます。
使用方法: クローブひとつまに、大さじ1の蜂蜜を加えます。8時間ほど寝かせ、ゆっくりと蜂蜜を飲み込みます。喉をコーティングすることにより、喉の痛みに対する効果を発揮します。

#9 リラックスとストレス解消に役立ちます


クローブの強くスムースなアロマはリラックスに役立ちます。オイゲノール(クローブに豊富に存在する成分)は筋弛緩薬としてもよく知られています。そしてまた、強力な媚薬であることも知られています。クローブの香りは、あなたの五感を目覚めさせ、楽しい気分にさせてくれます。
使用方法:長い一日の終わりに、お風呂のお湯にクローブオイルを数滴を追加してみてください。長時間お風呂に浸かっているととってもリラックスすることが出来るでしょう。また、人工的な部屋の芳香剤の悪影響から離れ、心地良い自然な部屋の芳香剤としても使用することができます。

#10 クリアな肌を与えます


肌の炎症を治すために様々なクリームを使用してうんざりしていませんか。あなたのキッチンでも同様の効果が得られるかもしれません。自然療法としてのクローブは、その抗細菌および抗炎症特性により、シミやニキビを取り除いてくれます。また、にきびの傷や跡を防ぐことができます。あなたはニキビを防ぎクリアな肌を手に入れるこのようなナチュラルな方法をご存知でしたか?
使用方法:クローブ数個をすり鉢とすり棒(またはミルサーなどで)すりつぶし、蜂蜜大さじ1、レモン果汁小さじ2を加え混ぜ合わせます。顔にこのペーストを塗り約20分間待ちます。クリアな肌を手に入れるため時間が経ったら冷たい水でペーストを洗い流しましょう。

参考文献:

•Khan, A., Qadir, S. S., Khattak, K. N., & Anderson, R. A. (2006). Cloves improve glucose, cholesterol and triglycerides of people with type 2 diabetes mellitus.The FASEB Journal,20(5), A990.
•Howard BV, Kritchevsky D. Phytochemicals and cardiovascular disease. A statement for healthcare professionals from the American Heart Association Circulation. 1997 Jun 3;95(11):2591-3. Review. PubMed PMID: 9184593.

TheHealthSite.comは、ここに記載されている特定の結果を保証いたしません。また、結果は人により異なる場合があります。テキスト、グラフィックス、ビデオ、および他の資料を含む本ウェブサイトの内容は情報提供が目的であり、医学的なアドバイスではありません。


長い 長いトンネルを越えつつある

57歳から はじまった 体の不調は 長い長い トンネルにいるようだった。

どうにも 人間だけでは 解決できないことが あって 10月 山の中の不動明王さまに
お願いをした。

昨年の 11月。友人が 比叡山の不動明王さまに 行ったころから 変化がはじまり、
体重の 減少が 止まった。

見えない世界の ことが 神仏にお願いしてやっと変化したみたいだった。




なんとなく どうやれば 自分の体が 回復するか わかってきて ひたすらそれを
試す段階に なってる。


一番足らないのは やはり、ビタミンと ミネラルで その補充に つきる。

鼻のトラブルのもとには 腎臓の弱りがあるし、ビタミンDが枯渇していた。

副腎疲労には ビタミンCの枯渇だったし、ビタミンは すべて足らない。

腸の粘膜が薄くなってるので そちらの手当てがかかせない。

そのもとに 吸収障害があるみたいで なぜなのか追いかけると ミネラルの枯渇がある。

70種類くらいの 微量金属ミネラルが 身体に必要なのに 足りなくて ミネラルが足らないと
酵素が動かない 酵素が動かなければ 栄養は消化吸収されない。

どんなに食べても 消化、吸収がなければ、食べたことには ならない。


ミネラルを集中して調べていた。

どうやら 鉱物ミネラルの人気が高い。 ミネラルの量も 種類も バランスも良い。しかし残念なことに
アルミニウムの 含有率が 高い。

アルミニウムの 毒性を考えると 長くは飲めないし。 蓄積がこわい。



海洋ミネラルは 海からあがった生き物としては 理想的だが なんといっても 海の汚染のむごさがすごいので
選択できない。 ストロンチウム トリチウム、はじめ 測定できない核種が多すぎる。



植物ミネラル をいろいろ調べると イオン化されていない 吸収の悪い コロイドミネラルが多い。
鉛や ヒ素の分離が 技術てきに 難しく そのままで販売されてるものが 多いらしい。


ここまで調べて行き詰る。


だけれど、 今の農業では 昔と違って ミネラルが豊富に含まれた 大地は ない。野菜にも 果物にも
ミネラルは 枯渇している。

どうやって ミネラルを摂るか、それが 体の立てなおしの 要になる。


また 毎日調べて フルボ酸、 フミン酸、にたどりつく。


ここから また 実験が始まる。

はじめは フミン酸を取るという このアメリカの メーカーの ミネラルで 試すことにする。

こちらは どうやら フルボ酸ではなくて フミン酸らしい。 日本よりずっと 厳しい規制がある
アメリカのミネラル。いろいろ調べてやっと決めた。

金属アレルギーを持ってるようなので 慎重に 少しずつ 摂取する。


3種類あって 少しずつ変えていって 体内の重金属を排泄させながら ミネラルを摂取するらしい。

今日ついたので 飲んでみた。 コーヒー色の液体に味は ない。だが 子供の頃 高熱を出すと母がミミズを煎じて飲ませてくれた あの 波動 がある。どこかで この感じを知ってる。飲んだことがある。と思う。

豊かな土には みみずが いる。

あのころは 土にミネラルがあったんだと思う。

あの味がいやで 逃げ回って 断固拒否していた 日々が 懐かしい。ちなみに 漢方薬で地龍というのが
どうもミミズを干したもので 立派な薬だった。










Vital Earth Minerals, ヴィタルアースミネラルズ 腐植質ミネラル, 32 液量オンス (946 ml)
IHERB
商品説明 * 濃厚なダークカラー * 味無し! * 自然食品ベースのミネラル健康補助食品 * 加熱、


楽天市場 by Vital Earth Minerals, ヴィタルアースミネラルズ 腐植質ミネラル, 32 液量オンス (946 ml) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東洋医学から見る私が花粉症を克服したとっておきの方法 ―2―


勘違いマクロビオティック」で花粉症発症しました。花粉症を引き起こした間違いだらけの食事法と、私が花粉症を克服したとっておきの方法―1―

http://macrobiotic-daisuki.jp/macrobiotic-kahunsyo-97944.html




勘違いマクロビオティック」で花粉症、発症しました。花粉症を引き起こした間違いだらけの食事法と、東洋医学から見る私が花粉症を克服したとっておきの方法 ―2―

http://macrobiotic-daisuki.jp/kahunshyo-98950.html

スギナで被ばく症状が改善された驚きの経験。有害物質・放射性物質の排出を促すために摂取したい

スギナで被ばく症状が改善された驚きの経験。有害物質・放射性物質の排出を促すために摂取したい海外で注目を浴びるスギナは現代日本の救世主だった!

http://macrobiotic-daisuki.jp/sugggina-66821.html

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



若かった頃、病の母のために、せっせとすぎなを採って乾燥してお茶にして、

わたしも 飲んでいました。



なんともいえずまずかった。それで もう 飲まなくなりました。

最近では、 すぎなが 生えると 目の敵のように除草剤がまかれていてがっかりします。



薬草だし、つくしも食べられるのに。



モリンガも 買ったのはいいのですが 、口に合わず、だれも 青汁として飲んでくれません。

高い栄養価を考えると 捨てるわけにもいかず、てんぷらの衣にしたりしていましたが、

ふりかけに 入れるという手もあったんですね。オムレツにも入れてみようかな。



春になったら 汚染されていないスギナを探してみようかな。





工夫してみようかと思います。

体内のPH

臨床栄養士のひとり言さんのブログより 転載させていただきました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


http://nutmed.exblog.jp/5090545/

pHとはPotential of Hydrogenの略語で、水溶液の性質を表す単位と考えてください。その性質が酸性・アルカリ性になります。酸性なのかアルカリ性なのかは水溶液に含まれる水素イオンの量によって決まります。水溶液の中には水素イオンH+と水酸イオンOH-が含まれていて、水素イオンH+の方が多い場合は酸性、水酸イオンOH-の方が多い場合はアルカリ性と判断します。水を例にして考えてみましょう。
水はH2Oであらわされますが、そのほとんどがH2Oという非常に安定した分子で存在していますが、水素イオンH+と水酸イオンOH-として混ざっているものがあります。この水素イオンH+と水酸イオンOH-の量が酸性またはアルカリ性かを決定する要素になります。
酸性・アルカリ性食材
水溶液だけでなく食材にも酸性、アルカリ性を決定するpHが存在します。その要素にはミネラルがあります。ミネラルには-イオンを持ち水素イオンH+と結合する性質を持った酸性のミネラルと、+イオンを持ち水酸イオンOH-と結合する性質を持ったアルカリ性のミネラルがあります。

酸性ミネラルには、塩素、硫黄、リン、ヨウ素、フッ化物、ケイ素があり、

アルカリ性ミネラルにはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、銅、コバルトがあります。一般にその食材が酸性かアルカリ性であるかを判断するときには、食材を燃やした後に残った灰を分析して、これらのミネラルがどれだけ含まれているかによって決定されます。


・酸性食品
トウモロコシ・肉・豆・魚・コーヒー・クランベリー・蒸留水・杏
・強酸性食品
卵・臓モツ・ワイン・ヨーグルト(生菌)・発酵食品・ビタミンB群・消化酵素・ローズヒップ
・強アルカリ性食品
バナナ・チョコレート・ミネラルウォーター・オレンジジュース・ジャガイモ・ホウレンソウ・スイカ

http://nutmed.exblog.jp/5084974/

日常の尿pH検査を進める前に、今の自分の消化分解能力と体内環境を確認するために、3日間、毎食事の前と食後2時間後の尿のpHを検査することをお勧めします。
尿の最適なpHは6.50~6.80ですが、この3日間の平均尿pHが6.50前後である場合には、体内の緩衝能力は正常な状態でアルカリ性ミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウムとカリウム)の吸収蓄積もほぼ十分であると考えられます。逆に、この3日間の平均尿pHが6.80以上である場合には、食生活、医薬品、ストレス、環境など外部からの酸性物質が過剰な状態であり、またアルカリ性ミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウムとカリウム)が緩衝能力の限界に近い状態で働いていることが考えられます。また、このときに外部から緩衝のために働くアルカリ性ミネラルの摂取が十分でない場合には、体内の骨、筋肉などの組織からこれらのミネラルが引き出されている状態である可能性もあります

http://nutmed.exblog.jp/5076510/
②尿中pH値が低下している場合(酸性傾向)
少し難しくなりますが、尿中のpHが低下(酸性に傾いている)場合に考えられることは、酸度-アルカリ度の緩衝作用を示す一次的(リン酸塩)、二次的(重炭酸塩)緩衝物質の両方が高酸濃度による負担を受けているということです。腎臓の緩衝能力に損傷を与える前に、改善することが必要です。一旦、腎臓に損傷を受けると、腎臓の酸性症は慢性的に進行します。

http://nutmed.exblog.jp/5057963/

だ液のpHが上昇している場合(アルカリ性傾向になっている場合)
だ液中pH値の上昇は、細胞の酸度が増加しているために代償的(それを改善するため)に体がアルカリ性の状態を作り出しpHバランスを整え様とする状態にあるものと考えられます。これは、細胞が酸性状態に耐えられる能力を超えてしまうと、アルカリ状態戻そうとする働きをするからです

http://nutmed.exblog.jp/5051259/
だ液、血液、尿のpH検査では、各検査材料がアルカリ性であるか、酸性であるかを分析することで、水素イオン濃度(電位)を確認します。対数で定量化されたpHの値は、体内の水素イオン濃度を反映しており、0(水素イオンが飽和状態にあることを意味する)から、14(水素イオンが全くない状態)までの値で表現されます。
pH測定結果が0から6.99の間にあるときは酸性であることを意味しており、7.01から14までの間にあるときは、アルカリ性であることを意味しています。もし、pH測定結果がちょうど7.00である場合には、中性であることを意味します

http://nutmed.exblog.jp/5095032/

何かの理由で体内が過剰に酸性になる状態をアシドーシスまたは酸性症と言います。
アシドーシスは主に2つあって、血液中に酸が溜まりそれを中和するためにアルカリ性の重炭酸塩が失われる代謝性アシドーシスと、感染症などによって肺の働きが低下したり、呼吸が通常よりも遅くなることによって血液中に二酸化炭素が蓄積する呼吸器性アシドーシスがあります。重炭酸塩というと難しいかもしれませんが、「重曹」と言えばわかりますね

http://nutmed.exblog.jp/5101610/

アルカリローシスを招く背景
アルカローシスは主に2つに分けられます。1つは代謝性アルカローシスで、原因は、腎臓の処理能力を上回る大量のアルカリ性物質の摂取、飲酒や体調不良による嘔吐によって大量の胃酸が排泄されてしまうもの。2つめは呼吸性アルカローシスで、過呼吸によって二酸化炭素が過剰に排泄されてしまい、体内の酸が不足するため生じるものです。
過換気症候群

http://nutmed.exblog.jp/5127977/

アルカローシスの改善のために
1、食材、食事の改善
① 消化のし易いたんぱく質の選択
早朝尿のpHが慢性的に6.8以上を示すような場合には、酸性食材の摂取過剰だけでなく、胃酸不足または胃酸のpHが十分に食物を消化分解できる状態ではない可能性があります。








クランベリー

http://nutmed.exblog.jp/21144299/

クランベリーエキスがピロリ菌予防に有効


http://nutmed.exblog.jp/20565691/
クランベリーエキスの真骨頂の1つでもある、膀胱炎の改善、予防に際して、大腸菌観戦による膀胱炎について説明します。


http://nutmed.exblog.jp/20815489/
膀胱炎を含め、細菌に夜感染症状の背景の多くには炎症症状がありますが、その場合、抗生物質を頻回に多用するケースが少なくありません。



こんな初期症状のときや、炎症の慢性化の改善には、クランベリーエキスは有効な素材だと考えます。
また、アメリカ(マサチューセッツ大学クランベリー研究所)のクランベリーの機能性研究では、アルツハイマー性痴呆症の予防にクランベリーが有効であるという報告もあり、クランベリーエキスは中高年以降の男女の常備機能性素材として有望だと思われます。

http://nutmed.exblog.jp/20796284/

エラグ酸の持つ抗ガン作用については、以前から、皮膚、肝臓、肺の各がん組織の抑制作用が動物及び人の実験で確認報告されていますが、この数年の間に、イチゴに含まれるエラグ酸による食道がんの予防及び治療補助の効果が、ラットの実験で確認されています。アメリカ癌協会(American Cancer Society)でも、各種組織のがんの予防のために、イチゴ、ザクロ、クランベリーを日常的に食べることは有効であると啓蒙しています

http://nutmed.exblog.jp/20580370/
クランベリーに含まれるアントシアニジンとD-マンノースの作用によって、大腸菌が線毛を足掛かりにして、膀胱の壁の細胞表面に感染しないように、大腸菌を包み込むようにして、尿と一緒に流れ去ってもらうことで、感染を防ぎ、膀胱炎の症状を抑える仕組みです。

http://nutmed.exblog.jp/20559150/
実際クランベリージュースのpHは2.0前後で酸性が強いために、アルカリ性を好み尿路感染症の原因菌の1つとされる、プロテウス属菌や歯周病菌の1つである、ストレプトコッカス菌の増殖を抑制する作用があります


亜鉛

http://nutmed.exblog.jp/23528444/

ヒスタミンの影響による症状を抑えることが可能な食材を紹介します。
その食材は日本全国、いずこのスーパ^マーケットの野菜売り場では見かけることができる「豆苗」です

http://nutmed.exblog.jp/21120983/

胃酸の生産能力が低下する中高年以降ではなく、充分胃酸が生産できる若い人たちでも胃酸が不足しているような兆候がある原因の1つは、亜鉛不足であるのではないかと考えられています


http://nutmed.exblog.jp/21123836/

この方法は亜鉛という金属を口に入れると、独特の金属の味がする性質と、亜鉛が舌で感じる味覚の機能には不可欠であることを利用したもので、100%の判定とはいかないまでも、場合によっては血液で亜鉛を分析するよりも確実だったことは私も経験しています。



http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/zinc.html

亜鉛の多い食品
亜鉛は、牡蠣(かき)、牛肉に多く含まれます


http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/%E4%BA%9C%E9%89%9B%E3%82%92%E5%A4%9A%E3%81%8F%E5%90%AB%E3%82%80%E9%A3%9F%E5%93%81/

かぼちゃの種に注目

栄養療法メモ

【ビタミンD】花粉症・アレルギー性鼻炎にビタミンDがなぜ有効なのか?

https://vitaminj.tokyo/archives/4235

ビタミンDの過剰症について】なぜビタミンDは皮膚で合成されるのか

https://vitaminj.tokyo/archives/4266



ビタミンD3とビタミンD2の違い

https://vitaminj.tokyo/archives/4291

【タンパク質はどれくらい食べるべき?】BUN(尿素窒素)で知るタンパク質摂取量

https://vitaminj.tokyo/archives/4208

花粉症対策】蕗(フキ)の抗アレルギー・抗ヒスタミン作用が素晴らしい件

https://vitaminj.tokyo/archives/1521

栄養療法が効かない場合は「炎症」を疑え

https://vitaminj.tokyo/archives/4151

『鼻うがい』が胃腸の抗炎症・アトピー・慢性疲労対策としても有効な件
https://vitaminj.tokyo/archives/3339


意外に怖いぞマグネシウム不足!マグネシウムオイルで効率良く補給しよう
https://vitaminj.tokyo/archives/3309

1.5AG】高血糖があるか、血糖値の変動が激しいかどうかを確認する場合
https://vitaminj.tokyo/archives/7087


機能性低血糖症の人は胃腸が弱い
https://vitaminj.tokyo/archives/775

ガンに人参ジュースは逆効果という事実
https://vitaminj.tokyo/archives/5932



【ビタミンA】手のひらが黄色いのはタンパク質不足かも

https://vitaminj.tokyo/archives/3723

【正しい塩の選び方】ミネラル補給に最強の塩『ぬちまーす』
https://vitaminj.tokyo/archives/3761

ビタミンCによる風邪の治し方】飲む回数・飲む量を間違うと意味がないですよ!
https://vitaminj.tokyo/archives/6817

胃腸の弱い人は必需品!絶対買うべき「消化酵素」をまとめて紹介!
https://vitaminj.tokyo/archives/1109

栄養療法検査結果②「消化酵素」
https://vitaminj.tokyo/archives/587


胃痛・過敏性腸症候群を薬無しで治す!胃腸粘膜の栄養「グルタミン」
https://vitaminj.tokyo/archives/1881


「百草丸」がストレス・副腎疲労に効く!過食防止サプリ「リローラ」と成分が同じ件
https://vitaminj.tokyo/archives/1757

2017年上半期【使用中のサプリメント・まとめ
https://vitaminj.tokyo/archives/5557


オリーブの葉エキス】抗生物質より優秀な天然の抗菌・抗真菌剤
https://vitaminj.tokyo/archives/4833

トレースミネラルって何?【サプリメントに頼らない微量元素の補給方法】

https://vitaminj.tokyo/archives/5091