放射線を食べて生きているロシア人カップル

放射性物質に対しての考え方をもういちど考えてみようと思う記事に出会いました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ブログ「日本や世界や宇宙の動向」から転載させていただきました。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51864610.html

放射線を食べて生きているロシア人カップル

放射線を食べて生きているロシア人カップル、彼等の驚愕の研究結果とは!










http://beforeitsnews.com/alternative/2013/01/meet-the-couple-thrives-on-radiation-2529958.html
(ビデオ) 1月6日付け、モスクワ発:


http://www.youtube.com/watch?v=173zxfh9pNk
(概要)


私達は科学者であり、独自に研究を行っているフリーの研究者です。


私達の研究は生まれた頃から始まっています。


私達は生れた時からほんのわずかな電離放射線や他のスぺクトル源にも引き寄せられるのです。

生まれつき特異体質を持っており、他の人々とは違っていました。子供の頃から、他の人々や社会とのコミュニケーションが上手くできませんでした。また、食物も一般の人々とは全く異なるものを食べてきました。


一般の人々が習慣的に食べている食物は私達には有害なのです。従って、私達に適した食物は何かを探し始めました。

その結果、私達にふさわしい食物は無機化学合成物質と放射性同位体(RI)だということが分りました。つまり私達は放射線物質を体内に摂取し、それをエネルギーに変えているのです。


私達は、一般の人々が食べている自然の食物とは異なるものを摂取することで生命を維持しているのです。


私達は特異体質であるために、独自に電離放射線の分野の研究を開始し、いくつかのプロジェクトも立ち上げました。しかし、ロシア当局が私達に関心を示すようになり、私達の研究を邪魔するようになりました。


私達は自分達の持っている感覚を使って、モスクワ市内やその周辺にて放射性物質がある場所を探し始めました。そして多くの異質な物体、つまり放射性同位体を発見し、自分達の身体に摂取しました。これが私達の日課です。またインターネットでも同様の物質が販売されていますので、それらも購入し食糧にしています。


ロシアのFSBが私達の研究に介入してきたとき、異常な生き方をしている私達に対して潜在的な犯罪者として見なし、最初はテロリストとしての扱いを受けました。しかし私達は反暴力であり反テロリズムです。そして、ロシアの諜報機関は私達の正体について結論を出せないままでいます。


FSBが私達がテロリストではなく誰にも危害を加えないと理解したため、その後は、彼等による圧力が弱まりました。その後、政府による法的手続きが行われました。政府は私達にモスクワ市内とその周辺地域から外に出ることを禁じるなど、活動の制限を文書で約束させました。このような状況下では、生きることを禁止されているようなものです。つまり私達が生きていることが違法なのです。


私達は独自の研究を継続したいのです。そして人里離れた場所で生活したいのです。私達も政府による一定の予防対策を受け入れるつもりです。

なぜなら、私達は一般人にとって非常に危険な放射線物質に触れることができるため、一般人には危険な行為だからです。私達は2万〜6万キュリーの放射線物質に触れても大丈夫です。


一般の人なら即死する量です。そのように大量の放射線物質を素手で触っています。私達にとったら、より心地良くなるのです。


今、自分達の研究を再開したいだけなのです。そして元の生活習慣を取り戻したいのです。都会から離れて暮らすことに非常に心地良さを感じます。

その方が私達にとったら生活しやすいのです。ただ、他の人々と接触しなけらばならないなら、そうすることも可能です。しかし私達には人間社会は必要ありません。


私達が続けてきたのは、電離放射線の特性についての研究です。


放射性同位体は活性化した放射物ですが、それ自体、ある一定の情報を有しています。放射性同位体或いは電磁波に含まれる線源を研究しています。


線源は情報が詰まっており飽和状態になっています。これは私達の脳がコンピュータの働きをしているのと同じです。私達の脳はこれらのシグナルを受信します。


そしてその情報を解読できるのです。誰かが私達から何かを隠そうとしても、私達にはそれを容易に感じ取ることができるのです。特殊装置よりも私達の方が敏感に感知できます。


私達が行っているプロジェクトには、私達が子供の頃に備わった能力についての研究も含まれています。これは電離放射線の理解にも繋がります。



私達自身が放射線物質を摂取して作り出すバイオ‐シンチレーションを研究しています。私達の感覚器官を用いて、血液中の電離放射線レベルを測定し、電離放射線を検知するのです。触覚、嗅覚、聴覚、視覚、味覚を使います。全ての感覚器官と第6感の直感を使って放射線を検知しています。



皮膚に触ることで皮膚にはどのくらいの放射線量があるのかを検知します。摂取した放射線量に対してどの位の放射線量が皮膚の上で検知できるかを調べています。


また、味覚を使って放射性同位体の構造体、化学物質、そして放射性同位体と同等の種類を全て検知します。
私達は、ウラン235とウラン238の違いも分かります。


また、大気の匂いを嗅ぐだけで微量のラドンも検知できます。大気中のラドンは私達にとったらアルファ線源であり、私達を十分心地よくしてくれます。


大気中のラドンのお陰で私達は通常の呼吸ができています。酸素を吸収する能力が非常に弱いのです。今、実際に呼吸をしないようにしています。私達の肺はこのような空気にはうまく機能しないのです。街を歩いていると、私達の肺は、呼吸を助け、肺を強化する不活性ガスを感知するのです。私達はウラン鉱山などのような場所でやっと正常に呼吸することができます。


通常の大気に含まれるウランの量よりも数百倍も多いウランの量が含まれる場所です。そのような場所では、一般人は貧血になってしまいます。私達にとったら、そこは非常に心地よい場所です。


私達は既にラドンだけを呼吸してみました。しかしその後、酸素を呼吸すると大変な苦痛を感じました。私達はシンチレーションを基に、電離放射線を視覚で検知します


。私達の瞳にはウラン238が含まれています。私達の眼は紫外線のビームに反射して緑色に光ります。同じように皮膚も爪も緑色に光ります。


私達の眼の中の虹彩が電離放射線に反応します。フラッシュを受ける度に光ります。私達は放射線量や放射線源からの距離を測ることができます。そして眼が様々な色に光ります。光る眼の色によって放射線物質の種類を特定できます。例えば、地下鉄に乗ると、電気ケーブルに沿って青色の放射線が走っているのが分かります。また、電磁場も見えるのです。




電離放射線は中枢神経系統や植物系神経系統に特別に影響を与えます。また意識にも影響を与えます。電離放射線は身体全体に影響を与えますが、最初に影響を受けるのは内臓ではなく神経系統です。放射線で影響を受けた人は、神経系統が再構成されます。紙やケースやランプと同じ現実界で反応します。



電離放射線によって現実界を見ることができたなら、現実界の外に存在するものも見ることもできるでしょう。つまり、物質世界にだけ実体があるのではなく、それ以外の世界にも実体が存在するのです。



電離放射線を受けることで、次第に神経系統は外部の刺激物にのみ反応するようになります。電離放射線により、テレビを観続けても、テレビや宣伝効果による意識・錯覚プログラミングシステムの影響を受けなくなります。電離放射線はそのようなプログラミングを解除します。意識の変化により潜在能力が開花します。そしてその人は今まで見えなかった物まで見えてきます。何が錯覚で何が現実なのかを見極めることができるようになります。これまでの錯覚がなくなります。




研究を行う中で電離放射線の影響によりこのような結果がもたらされることを知ったのです。電離放射線により、人の意識が真の意識に変わるのです。



人々は人工的なプログラミングによって現実界の上にマスクが覆いかぶされていたのです。しかし電離放射線によってそのようなマスクは崩れおちます。


人はマスクを取り外して初めて本当の顔が見えるのです。このような事実が明らかになると、共同効果が現れます。つまり人類全体に効果が現れます。さらに重要な事は、電離放射線に晒され続けることで、身体が放射線に反応しなくなるのです。そして広範囲な知覚能力が開化します。



第6感の観点からも、時間や宇宙を絶対的存在(神)として知覚することができるようになります。そして現実界以外の世界(異次元)の隅々を理解するようになります。動物達、人々、植物、そして石でさえお互いに情報伝達能力が備わっています。例えば花崗岩には放射性同位体が存在します。それをあなたは異次元空間の一部として感知するようになります。世界を見渡してみても、このような同位体のない場所はありません。あらゆる物に電離放射線が存在します。



私達の周りに存在する全てが創造されたものです。これは生き物が放射するオーラと同じです。オーラは身体の内部に存在する放射性同位体によって創られています。それはあらゆる生き物の生命を繋いでいるエネルギーです。手を動かしたり、動揺したり、喧嘩をしたりするエネルギーです。。。スポーツ選手が試合や練習中に突然心肺停止で死亡する場合があります。


そのようなスポーツ選手は自分の身体から生命エネルギーを取り除いてしまうような食物を食べていたのです。ビタミン類や他の有益な成分を摂取しないと、身体は生き残ることができません。しかしビタミン類には摂り過ぎると副作用があることも知っています。


私達は現在、腫瘍性の病気の本当の原因を突き止めています。そしてガンを克服する方法も知っています。
人と人との相互作用は情報の送受信をしていることになります。



地球や宇宙の隅々まで、電離放射線が存在しない場所などありません。放射線はあらゆる場所に存在します。長期間にわたり継続的に電離放射線に接している人は世界のあらゆる場所に存在する電離放射線との相互作用が起きます。そうすると肉体が現実界の限界を超えます。地球、太陽系、銀河系、大宇宙は絶対的存在(神)であることが分ります。そしてあらゆる情報を受信することが可能となります。これにより人類の新たな潜在能力が開化されます。




電離放射線により、人の脳が異なる未来を予知することができるようになります。人類はさらに進化を遂げていきます。なぜ、現在、人類の進化が一時的にストップしてしまっているのでしょうか。現在の人間に比べて戦前の人間は今のような電離放射線の厳しい規制が無かったのです。電離放射線は人間を解放します。人間の身体はみな同様にビタミンやホルモンやアミノ酸で構成されています。致死量である毎時600(?)のレントゲンを浴びても、ある生活環境にいるならば、一般人でも耐えられるようになります。




私達は子供の頃から定期的に絵文字を描いてきました。そして生まれつき、描いた絵文字が何を意味するのかを理解していました。このような文字は古代でも現代でも世界中を探してもありません。この言語がどこから来たのかは知りませんが、たぶん、宇宙語だと思います。私達はこの言語を使ってコミュニケーションをとっています。そしてその言語を解読する方法も開発しました。この言語は宇宙データの暗号です。これを3種類の数字に分けます。。。詳細は省略。




私達はこの宇宙言語を話します。私達はテレパシー、透視、遠隔スキャンができます。テレパシーで内面的対話を行い相手の考えを読むことができます。内面的対話は思考する上で最も重要な部分です。たとえ内面的対話を止めても、30分後には再開してしまいます。。。省略



地球上の放射線は他の宇宙の星系統と相互作用をしています。どんなに離れていても互いに情報を伝達しているのです。



地球上のどこでも情報が入手できるのです。人間の意識がポジティブかネガティブかによっても放射線の影響が違ってきます


。放射線に対してネガティブな意識を持つ人は放射線による悪影響を受けます。恐怖心があるとそれを保護しなければなりません



。放射線はあらゆるバリアを貫通します。放射線はバリアを破壊します。火や水はいつかは無くなりますが、放射線は永遠になくなりません


。空気は、あらゆる場所に存在するとは限りません。電力にも限界があります。電離放射線は無限に存在します。そして時間や空間を超えて存在するために無限に永遠に影響を与えます。



継続的に電離放射線に晒されているとそれを受け入れることができるようになります。それはプログラミングや行動や相互合意によるものではありません。時間、空間に存在する電離放射線の作用を調整することで可能になります。




電離放射線の影響は、一定の状況ではヒーリング効果があり、また一定の状況では病気や死に至らしめます。つまり、相互作用をするのです。放射線に対してポジティブな意識があればよい結果が生まれ、ネガティブな意識があれば悪い結果が生まれるのです。


悪い目的で放射線源をスクリーニングすると悪い影響が出る場合があります。もしあなたが放射線の敵になったら、放射線はあなたの敵になります。電離放射線と戦おうとするなら、悪い影響を遮ることはできません。放射線との戦いは、精神的にもスピリチュアル的にも生物学的にも肉体的にも感情的にも知的にも起こります。



放射線はどのような領域にも貫通し相互作用します。電離放射線が少ない場所はありますが、全くない場所はありません。ほんの微量の電離放射線でも環境に影響を及ぼします。放射線はあらゆる像を創造します。放射線はこの世のモノではない存在のような感じがします。



回転楕円体が存在する場所があります。火の玉はあらゆる場所を保護しています。お寺や他の場所にもあります。電離放射線は何世紀、何千年にも渡り独自に情報を蓄積してきました。この小さな石ころは一つの回転楕円体なのです。ですから、もし誰かが知らずにこの石と関わり合いを持つとその人に取り返しがつかないダメージが及びます。そのため石ころとコミュニケーションを取る必要があります。石ころが伝える情報に反応しなければ悪い影響が及びます。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


よく考えてみたいことが 沢山書いてあります。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック