飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤児の雁を育て、一緒に飛び、安全な”渡り”場所へ

<<   作成日時 : 2018/01/22 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




孤児の雁を育て、一緒に飛び、安全な”渡り”場所への案内を続けているおじいさん。


マイクロライトに同乗させることで「鳥と一緒に飛ぶ」という体験を他の人々にも分けてあげている。



http://www.dailymail.co.uk/news/article-5220829/Microlight-pilot-dubbed-birdman-flies-geese.html
https://www.youtube.com/watch?v=XYdPnuGXo78

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
びっくりです!!!

昨日の夜、寝る前にtwitterで、この記事のことつぶやいている人がいて、おぉーすごい、って思って、でも、動画は見ないで、寝たんですよ。

で、朝起きて、とおこさんのところで、こうやって、またシェアされているんですもの。。。

これは、絶対動画見なさい、ってことね、と思って見ました♪
すごいシンクロ&メッセージです♪
ありがとうございます。

先日書いた記事に、少し違うのですが、空を飛ぶ鳥のことを書いてます。

「母なる海」であり「母なる大地」である「母なる地球」そして「母なる宇宙」
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/16092142.html

とおこさんとは、本当に、何度も何度もシンクロが重なっていて、魂の兄弟なんだろうなーってしみじみです。
ネットのおかげで出会えて、ほんとうに嬉しいです♪
いつも、ありがとうございます。
ひろみ
2018/01/22 20:14
わたしもtwitterでみつけたんです。
いいなあと思って。雁のほかに 二羽の鶴、そして白鳥も みんな親が放棄
した子達でしょうか。
危険を避けて 無事な渡りのルートを教える。自分が飛んで案内するなんて


すごいなあと思いこちらに。生きる仲間の動物に 何ができるか。

自分が生きるだけで精一杯みたいなとこがあるので 助けてる人をみると
エールを送りたくなります。絶滅してほしくないですよね。

ひろみさん、もスペインでがんばってる。 こちらこそありがとうございます。同じような 考えの人に出会えると本当に嬉しいです。
とおこ
2018/01/23 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
孤児の雁を育て、一緒に飛び、安全な”渡り”場所へ 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる