飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS クランベリー

<<   作成日時 : 2018/02/10 23:08   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

http://nutmed.exblog.jp/21144299/

クランベリーエキスがピロリ菌予防に有効


http://nutmed.exblog.jp/20565691/
クランベリーエキスの真骨頂の1つでもある、膀胱炎の改善、予防に際して、大腸菌観戦による膀胱炎について説明します。


http://nutmed.exblog.jp/20815489/
膀胱炎を含め、細菌に夜感染症状の背景の多くには炎症症状がありますが、その場合、抗生物質を頻回に多用するケースが少なくありません。



こんな初期症状のときや、炎症の慢性化の改善には、クランベリーエキスは有効な素材だと考えます。
また、アメリカ(マサチューセッツ大学クランベリー研究所)のクランベリーの機能性研究では、アルツハイマー性痴呆症の予防にクランベリーが有効であるという報告もあり、クランベリーエキスは中高年以降の男女の常備機能性素材として有望だと思われます。

http://nutmed.exblog.jp/20796284/

エラグ酸の持つ抗ガン作用については、以前から、皮膚、肝臓、肺の各がん組織の抑制作用が動物及び人の実験で確認報告されていますが、この数年の間に、イチゴに含まれるエラグ酸による食道がんの予防及び治療補助の効果が、ラットの実験で確認されています。アメリカ癌協会(American Cancer Society)でも、各種組織のがんの予防のために、イチゴ、ザクロ、クランベリーを日常的に食べることは有効であると啓蒙しています

http://nutmed.exblog.jp/20580370/
クランベリーに含まれるアントシアニジンとD-マンノースの作用によって、大腸菌が線毛を足掛かりにして、膀胱の壁の細胞表面に感染しないように、大腸菌を包み込むようにして、尿と一緒に流れ去ってもらうことで、感染を防ぎ、膀胱炎の症状を抑える仕組みです。

http://nutmed.exblog.jp/20559150/
実際クランベリージュースのpHは2.0前後で酸性が強いために、アルカリ性を好み尿路感染症の原因菌の1つとされる、プロテウス属菌や歯周病菌の1つである、ストレプトコッカス菌の増殖を抑制する作用があります


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クランベリー 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる