飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS 体内のPH

<<   作成日時 : 2018/02/10 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

臨床栄養士のひとり言さんのブログより 転載させていただきました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


http://nutmed.exblog.jp/5090545/

pHとはPotential of Hydrogenの略語で、水溶液の性質を表す単位と考えてください。その性質が酸性・アルカリ性になります。酸性なのかアルカリ性なのかは水溶液に含まれる水素イオンの量によって決まります。水溶液の中には水素イオンH+と水酸イオンOH-が含まれていて、水素イオンH+の方が多い場合は酸性、水酸イオンOH-の方が多い場合はアルカリ性と判断します。水を例にして考えてみましょう。
水はH2Oであらわされますが、そのほとんどがH2Oという非常に安定した分子で存在していますが、水素イオンH+と水酸イオンOH-として混ざっているものがあります。この水素イオンH+と水酸イオンOH-の量が酸性またはアルカリ性かを決定する要素になります。
酸性・アルカリ性食材
水溶液だけでなく食材にも酸性、アルカリ性を決定するpHが存在します。その要素にはミネラルがあります。ミネラルには-イオンを持ち水素イオンH+と結合する性質を持った酸性のミネラルと、+イオンを持ち水酸イオンOH-と結合する性質を持ったアルカリ性のミネラルがあります。

酸性ミネラルには、塩素、硫黄、リン、ヨウ素、フッ化物、ケイ素があり、

アルカリ性ミネラルにはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、銅、コバルトがあります。一般にその食材が酸性かアルカリ性であるかを判断するときには、食材を燃やした後に残った灰を分析して、これらのミネラルがどれだけ含まれているかによって決定されます。


・酸性食品
トウモロコシ・肉・豆・魚・コーヒー・クランベリー・蒸留水・杏
・強酸性食品
卵・臓モツ・ワイン・ヨーグルト(生菌)・発酵食品・ビタミンB群・消化酵素・ローズヒップ
・強アルカリ性食品
バナナ・チョコレート・ミネラルウォーター・オレンジジュース・ジャガイモ・ホウレンソウ・スイカ

http://nutmed.exblog.jp/5084974/

日常の尿pH検査を進める前に、今の自分の消化分解能力と体内環境を確認するために、3日間、毎食事の前と食後2時間後の尿のpHを検査することをお勧めします。
尿の最適なpHは6.50〜6.80ですが、この3日間の平均尿pHが6.50前後である場合には、体内の緩衝能力は正常な状態でアルカリ性ミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウムとカリウム)の吸収蓄積もほぼ十分であると考えられます。逆に、この3日間の平均尿pHが6.80以上である場合には、食生活、医薬品、ストレス、環境など外部からの酸性物質が過剰な状態であり、またアルカリ性ミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウムとカリウム)が緩衝能力の限界に近い状態で働いていることが考えられます。また、このときに外部から緩衝のために働くアルカリ性ミネラルの摂取が十分でない場合には、体内の骨、筋肉などの組織からこれらのミネラルが引き出されている状態である可能性もあります

http://nutmed.exblog.jp/5076510/
A尿中pH値が低下している場合(酸性傾向)
少し難しくなりますが、尿中のpHが低下(酸性に傾いている)場合に考えられることは、酸度-アルカリ度の緩衝作用を示す一次的(リン酸塩)、二次的(重炭酸塩)緩衝物質の両方が高酸濃度による負担を受けているということです。腎臓の緩衝能力に損傷を与える前に、改善することが必要です。一旦、腎臓に損傷を受けると、腎臓の酸性症は慢性的に進行します。

http://nutmed.exblog.jp/5057963/

だ液のpHが上昇している場合(アルカリ性傾向になっている場合)
だ液中pH値の上昇は、細胞の酸度が増加しているために代償的(それを改善するため)に体がアルカリ性の状態を作り出しpHバランスを整え様とする状態にあるものと考えられます。これは、細胞が酸性状態に耐えられる能力を超えてしまうと、アルカリ状態戻そうとする働きをするからです

http://nutmed.exblog.jp/5051259/
だ液、血液、尿のpH検査では、各検査材料がアルカリ性であるか、酸性であるかを分析することで、水素イオン濃度(電位)を確認します。対数で定量化されたpHの値は、体内の水素イオン濃度を反映しており、0(水素イオンが飽和状態にあることを意味する)から、14(水素イオンが全くない状態)までの値で表現されます。
pH測定結果が0から6.99の間にあるときは酸性であることを意味しており、7.01から14までの間にあるときは、アルカリ性であることを意味しています。もし、pH測定結果がちょうど7.00である場合には、中性であることを意味します

http://nutmed.exblog.jp/5095032/

何かの理由で体内が過剰に酸性になる状態をアシドーシスまたは酸性症と言います。
アシドーシスは主に2つあって、血液中に酸が溜まりそれを中和するためにアルカリ性の重炭酸塩が失われる代謝性アシドーシスと、感染症などによって肺の働きが低下したり、呼吸が通常よりも遅くなることによって血液中に二酸化炭素が蓄積する呼吸器性アシドーシスがあります。重炭酸塩というと難しいかもしれませんが、「重曹」と言えばわかりますね

http://nutmed.exblog.jp/5101610/

アルカリローシスを招く背景
アルカローシスは主に2つに分けられます。1つは代謝性アルカローシスで、原因は、腎臓の処理能力を上回る大量のアルカリ性物質の摂取、飲酒や体調不良による嘔吐によって大量の胃酸が排泄されてしまうもの。2つめは呼吸性アルカローシスで、過呼吸によって二酸化炭素が過剰に排泄されてしまい、体内の酸が不足するため生じるものです。
過換気症候群

http://nutmed.exblog.jp/5127977/

アルカローシスの改善のために
1、食材、食事の改善
@ 消化のし易いたんぱく質の選択
早朝尿のpHが慢性的に6.8以上を示すような場合には、酸性食材の摂取過剰だけでなく、胃酸不足または胃酸のpHが十分に食物を消化分解できる状態ではない可能性があります。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
体内のPH 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる