飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS スパイスを使う

<<   作成日時 : 2017/01/30 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長いこと 粘液が 鼻からどろどろと下りてくる症状の原因を追いかけてきた。

答えが はっきりと 書いてある本に出会ったのは 初めてだった。それは 我が家の本棚に
20年もあった。

時が来ないと 答えには たどり着けないものなんだと改めて思う。

ディパーック チョプラ博士の
「クオンタム、ヘルス」という 本には こう書いてある。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
P274

ハーブの効果は普通の食物より ずっと強力でしかも特異的である。

キニーネのような苦味のハーブは ピッタを直ちに下げるため熱や炎症を取り除くのに役に立つ。

辛味のチリは カパを減少させるため、過剰な粘液をすぐに取り除く。

ターメリックのようなスパイスは ものの数分のうちに腫れた喉の痰を取り除く。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昔から 唐辛子に 敏感に反応するので 何年も避けてきた。当然 キムチなども 口にできなかった。

そして ターメリックやなどを使うのは せいぜいカレーを食べるときくらいで 刺激物のあとは
咳き込みがひどかったので 本当に 食べてこなかった。


そういえば、 チリペッパーを沢山使った料理のあとは 体が熱くなって 盛大鼻水が出たりしてるが

あれは 頭部に 溜まった粘液を排泄してるのだと気がつく。


さて わたしは 今も5分の1くらいに 減ったとはいえ 粘液が 下りては 喉に絡んで咳き込んで
起きる。特に 夜中布団に入ると それは おきてくる。


本を読んで 6味そろえるべく スパイスを使うことにした。



そうして 胃が痛くなった。 粘度の高い痰が 喉に 絡み付くとき 激しく咳き込むのだが
なかなか取れないと そのうち 胃液があがる。吐きそうになる。

たびたび そんなことを 繰り返してきたので 胃の入り口か 食道のところが 胃酸で 荒れているのだろう。

 

なんという 悪循環だろう。スパイスの刺激でそこが痛いのだった。


でも ここで あきらめると治らない。唐辛子の波動転写した水があればとか
思うが それは 手に入らない。


胃を 治しながら 適度に辛味を取りながら 気長に方策を探る。

何しろ 暗中模索状態からは 脱出しつつある。

本には 食べる量について 両手ですくえるくらいとある。どう みてもそれよりは 多い。

消化の力が 衰えていなければ それで 充分なのだろう。 わたしのように 消化の力が衰えてる
状態で 沢山食べても 毒になるだけで 身にならない。

毎日消化の状態を観察する。 粘液がひどければ 蛋白分解酵素の サプリを使う。


 このごろは 体温が36度7分あるので 脂肪が 燃焼してるようで 身になる前に燃えてる気もする。



これまで スパイスなど 使ってこなかったので 慣れるまで少しかかると思う。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパイスを使う 飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる