飛んで

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜂蜜療法について

<<   作成日時 : 2017/08/12 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

スペインの美味しい食卓から


蜂蜜療法について

https://blogs.yahoo.co.jp/amigoplaza/65633498.html




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
とおこさん、ご紹介ありがとうございます!

蜂蜜の世界は奥が深いです。。。

花粉、プロポリス、ロイヤルゼリーは、天然のサプリメントであり、抗生物質です。
プロポリス入りの石鹸の抗菌効果はすごいそうです。
ひろみ
2017/08/12 22:14
ひろみさんの ブログ久しぶりにゆっくり 読ませていただきました。

砂浴の記事も良かったです。 入りたいけど 放射性物質で海が汚染 砂も汚染。なので 無理かなと 思います。 なんてことが 起きてるんだと
思います。
とおこ
2017/08/13 10:26
たしかに・・・

お住まいの場所では、砂浜での砂浴は、控えたほうがいいですね。。。
砂浴、海水浴は、大きな効果が見られるでしょうが、こつこつと
気長にでよければ、ご自宅にお庭があるなら、お庭でアーシングでも
いいかもしれません。
鈴森さんがブログで紹介してくださっていたので、もうご存知のこと
だと思いますが。。。

あとは、ご存知のように、心のあり方、生き方です。
こちらもとおこさんなら、実践されていることでしょう。

それから、もしよかったら、このブログ読んでみてください。
http://blog.goo.ne.jp/harutitan

ひろみ
2017/08/13 21:22
アーシングは気持ちいいですね。昨年5月くらいはやっていました。

草にいる マダニとかが気になりだして今はやっていません。

面白い情報をありがとうございます。 先日の検査でセロトニンが ゼロでした。 幸福感がないのは このせいかと思いました。
腸内細菌が 大事なんだと思います。
とおこ
2017/08/14 10:42
検査でセロトニンの量が分かるんですか?
どういう検査なんですか?

カレーを食べましょう♪
そしてバナナ、生アーモンド、ナチュラルチーズ、など・・・もお勧めです。
ひまわりの種もセロトニンを合成する材料が入っています。
ひろみ
2017/08/15 01:46
栄養療法の検査で 有機酸尿検査で でます。0でした。幸福感はまるでないです。
難しいところにいるんです。カレーは 唐辛子とかにんにくとか夏野菜の代表ナス科の野菜がだめなのと 小麦粉がルーにはいるので 食べていません。

バナナも副腎疲労では だめそれに カンジダでもだめで。 乳製品も腸を
荒らすそうでだめで、アーモンドとか ひまわりの種なら食べられるかどうか。リーキガットから アレルギーが一気に悪化 アレルギー性の鼻炎の悪化 咳喘息に そのストレスから 副腎疲労を起こして しんどい 毎日です。
とおこ
2017/08/15 13:45
食べれないものが多いと、それを考えるだけでストレスになっちゃいますね。。。
それだけでも、しんどいし、幸福感なくなっちゃいそうです。。。
わたしは、昔から、〜してはいけない、が苦手で・・・。

カレーは、市販のルーを使わずに、カレー粉を使ったらいいんです。
スペインへ来てから、たまにお土産とかでもらったときだけで、
それ以外は全てカレー粉を使って、カレーを作っています、
子供は、カレールーの味を知ってしまったら、そっちがいい・・・と
言いますけれど・・・。
ナス科の野菜を入れなくても作れますよ!

ルーカレーじゃなきゃ、というなら、米粉で手作りすることは可能です。
カレー粉の中に入っているいろいろなスパイスの組み合わせが、セロトニンを
作りやすい体質にするみたいです。
市販のカレー粉には、唐辛子というかホットパプリカが入っているでしょうから、
自分でスパイスを調合して、本格的インドカレーを目指すとか。。。

ナス科の野菜を食べないようにして、体の痛みが取れるかどうか確認しようと
思ったのですが、子供の食事を準備すると入れてしまっていて、食べてるので
よく分からないままになってしまいました(笑)

にんにくは、ナス科じゃないけど、だめなんですか?強すぎるのかしら・・・。
知り合いでも、にんにくは、普段食べるものじゃないといって避けている人がいます。
ひろみ
2017/08/15 16:10
ひろみさん、親身なコメント嬉しいです。ほんと、アレルギーの専門医がいないし、副腎疲労なんて 身体がどうしてしんどいかさっぱりわからないうちに なっていて。カレーの工夫ができるくらいなら、、、その気力がわかなくて。

でもね。今日から 丹田呼吸法と お尻しめをやろうかと思います。
アレルギーでも 呼吸法なら なんとかやれる。

にんにくは ナス科のせいではなくて 醤油漬けなどにして 毎日 毎日
何年も食べてたのですよ。大きな瓶に たっぷり つけて。
刺激が強かったのでしょうね。いつのまにか アレルギー発症でした。

お肉とかにんにく醤油につけると 手軽でおいしかったのに、残念。

あたらないといわれてる 大根が我が家のエースです。

夏にナス科のなす、ピーマン、パプリカ 、トマトなど食べないで何を食うんだと言われそうです。

しじゅうゴーヤとか モロヘイヤの出番です。
とおこ
2017/08/15 17:02
まずは、気力の回復ですね!

トラウマということは考えられませんか?
わたしも去年、一番下が登校拒否を始めた原因と対策を調べているうちに、
行き当たりました。

トラウマになるようなことが思い浮かばなくても、とおこさんは
HSP(超敏感な人)ですから、日常の中でたくさんのストレスを
蓄積して、リミットになってしまったのかもしれません。

このブログを読むといろいろなことがわたしの中でもクリアーになってきました。
https://susumu-akashi.com/

全部読んだわけではないのですが・・・。
副腎皮質疲労のことも記事をかいてらっしゃいました。
https://susumu-akashi.com/category/adrenal/

慢性疲労症候群についての記事の一覧
https://susumu-akashi.com/category/ccfs/

あと、もうやってらっしゃるかもしれませんが・・・
副腎疲労もアロマテラピー効果ありそうです。
https://www.kenkojiman.com/categories/beauty/articles/1822/

「HSPが未来を拓く」
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/15805425.html

ひろみ
2017/08/15 18:16
長くなってしまって、投稿できなかったので、続きです。

とおこさんが長年向き合っている体調不良は、いろいろな要因が複雑に
絡み合っているのだと思います。
一度、心の底からリラックスできたら、いい方向へ進むんじゃないかな、
って感じるのですが・・・。
旅行に出て、日常を離れるとか・・・。
体調不良のことさえも忘れてしまって・・・。
放射線に対する恐れが常にあるのではないでしょうね。。。
だからこそ、心の底からのリラックスって臨死体験に匹敵する効果が
ありそうな気がします。

オステオパシーってご存知ですか?

オステオパシー施術家HIROオフィシャルブログ「心体に火が灯る」
の「フルフォード博士が語るオステオパシーとは」のカテゴリーの
記事は読み応えあります。
https://ameblo.jp/matsuo52/theme-10103325146.html

心身統一合氣道もお勧めです。
合氣道のエネルギーを治療に応用した氣圧法は、すごいです。
「奇跡の癒し」
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/15426425.html

一旦、全てを手放したら・・と言いながら、情報をお伝えしていますが、
わたしも今までいろいろと情報収集しましたが、この2つの療法は、
「魂の法則」と先日の、「ハルチタン」のように真実だと感じています。

ひろみ
2017/08/15 18:23
ひろみさん、沢山の情報ありがとう。
放射能汚染への恐怖 確かにあります。

ストレスが 沢山あったことも 一緒に過ごしてきた桜の木が 切られたことも 先日は 3本あったケヤキの 最後の一本が切られました。

わたしに 話しかけてくれた 存在は みんな切られてしまいました。
さくらは150年 けやきは 400年生きてくれたのに 人間の都合でした。

大木は 宇宙と繋がってて高い波動で周囲を助けてくれてたのに、無念です。なんだか種を越えて尊敬したり 愛していた存在を失ってゆくことが
続くと辛いですね。

フルフォード博士の本もっています。

すごい手技ですよね。いろいろと教えてくださってありがとう。時間が取れるときにゆっくり読みます。
ひろみさん、ありがとう。深く感謝してます。



自分で思う原因は 3次元で何をしたいのか 自分を見失ってることと
頭で 他人の世界を見すぎたんだと思います。
思考に支配されない
空っぽのわたし だけが わたしを救えます。自分の宇宙とつながらないと
自分を助けられない。多分他の人に助けてもらいたくてもがいても誰も
それが できないと どの人も自分しか自分を助けられないのかもしれません。

それでも ひろみさんのように アドバイスしてくれる人がいてくださると
寄り添ってもらえたようで 心が温かくなります。

副腎疲労って 誰でもなる可能性があります。ものすごくがんばった後に
いろいろ起こりました。
とおこ
2017/08/15 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
蜂蜜療法について  飛んで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる